【 ザ・グローバル・イノベーターズ 】

ザ・グローバル・イノベーターズの思いは、前向きな変化・変革をメルマガを通じて実現したいというメッセージです。

★ITIフォーラムにアジャイルの達人 平鍋 健児様登壇!/PMI日本フォーラム2018のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第370号 2018年5月30日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【イベント】
7月4日(水)「ITIフォーラム2018 in 名古屋」開催のご案内

(2)【新着ブログ】-New!-
インド海外研修:現地責任者来日 by 海外研修事務局のつぶやき

(3)【イベント】-New!-
PMIフォーラム2018のご案内 

(4)【海外研修】
2018年 おススメの研修コースのご紹介

(5)【国内研修】
人気の『PM育成コース』のご紹介


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) 7月4日(水)「ITIフォーラム2018 in 名古屋」開催のご案内
    申込受付開始!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★弊社の一大イベントの1つである
「ITIフォーラム2018 in 名古屋」を今年も開催致します★☆
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/11-182423/

■テーマ:デジタルトランスフォーメーション時代到来!
      人の心を動かすチームマネジメント
■日 時:2018年7月4日 (水) 
           セミナー  14:00~17:45(無料、受付開始13:30~)
       情報交換会 18:00~19:30(有料 5,000円)
■会 場:名鉄グランドホテル 柏の間

【プログラム】 ----------------------------------------------

■『デジタルビジネスの潮流とアジャイル開発』

株式会社永和システムマネジメント 代表取締役社長
株式会社チェンジビジョン CTO
平鍋 健児 様
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/11-182423/#hiranabe

海外ではソフトウェア開発手法としてメインストリームになってきアジャイル開発が、
日本でも活発に導入されるようになってきました。本講演では、
DX(Digital Transformation)時代にマッチしたこの手法が現れてきたビジネス的背景を説明し、
スクラム」を例にした技術的特徴、事例、トヨタ生産方式を起源とするLean との関連などについて、
やさしく解説します。また、これまで日本での実践が遅れてきた理由、
打ち破るべき障壁についても議論したいと思います。


■『巻き込み力に差が出る!チームビルディングのための行動様式
    ~仕組みと感性を両立すれば、道は拓ける~』

豊田通商株式会社 
IT戦略部 国内基幹システム第二グループ
グループリーダー 守山 嘉則 様
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/11-182423/#moriyama

プロジェクトの中に潜在的に存在する課題やリスクの芽をいち早く見つけて対応するためには、
情報がタイムリーに流れ、伝わる仕組み作りが必要です。
ステークホルダー間の距離を縮める活動や、状況を理解しやすくするための
見える化を行い、立場や組織の壁にこだわらない積極的なコミュニケーションで
関係者を巻き込みながらプロジェクトの火種を一つひとつ消してい
プロジェクトマネジメント手法は、大規模プロジェクトのPMを経験してきた事で
培われたチームビルディングのための行動様式でした。
想像力を働かせながらPJ全体を見渡すことで、小さな不安を感じとり、
そこから「一人称で考えて確認する」そんな、当たり前のことを
当たり前に実行するためには、小さな(大きなものも)苦労の積み重ねがありました。
私が過去に経験したプロジェクトの事例から、強いチームを作るために何を考え、
何を実践してきたのか、「戦略的飲み会」といった具体的なテクニックも
交えながらご紹介したいと思います。


■『育成の現場から ~IT人材育成事例のご紹介~』

株式会社アイ・ティ・イノベーション 
HRコンサルティング部 部長 関 和美
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/11-182423/#seki


■『インドにおけるグローバルビッグデータAI人材育成研修のご紹介』

株式会社アイ・ティ・イノベーション 
営業部 グローバルビジネス担当 渡邊 ゆきえ
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/11-182423/#watanabe


▽詳細・お申し込み▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/11-182423/
生産性を上げるための「チームマネジメント力」のコツや
ますます進化するアジャイル開発手法、そして今後のIT人材育成のヒントをご紹介します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) 新着ブログ -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆海外研修事務局のつぶやき
インド海外研修:現地責任者来日

先日、弊社のインド研修の実施先‟IT innovation India Pvt.Ltd.”から、
責任者のマンダールさんが来日しました。より良い研修を提供するため、
いろいろ意見交換を行い、有意義な時間となりました。

マンダールさんは、日本、アメリカ、シンガポールオーストラリアの
著名な企業での就業経験もあり、ビジネス開発とその管理方法において、
日本やアジアパシフィックにて先駆的な人物として業界内で知られてい
ます。インド研修では、その豊富な経験をもとに受講生に、いろいろな
アドバイスもしてくれます。語学も堪能で、英語、日本語、ヒンディー
語とマラティ語いずれも流暢に話します。

▽続きはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/28-183642/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) PMIフォーラム2018のご案内 -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来る7月14日(土)-15日(日)の2日間に亘り開催されます
『PMI日本フォーラム2018』にて、弊社コンサルタントの濱口 要が、15日(日)に登壇します。
ぜひ、ご参加ください!

===========================
PMI日本フォーラム2018
 新しい潮流へのチャレンジ -境界を越えて-
===========================

■ 講演タイトル
QCDを超えたプロジェクトの真の成功をめざして

■ 講演概要
システム開発プロジェクトは「QCD(Quality、Cost、Delivery)」
の視点だけで進めても、ビジネスの成功には直結しない。また、
システム導入自体が目的化しているプロジェクトでは、スコープの
判断基準も曖昧となり、結果、QCDにも影響し、迷走するケースを
よく見かける。この様な失敗を避け、ビジネスとプロジェクト、
両方の成功をめざすにはどうすべきなのか?
コンサルタントとしての数多くのプロジェクト経験をもとに、
事例も交えながら考察する

■日時:7月15日(日) 15:45~16:45

■場所:学術総合センター(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)

▽詳細はコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/23-162320/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4) 海外研修のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆ ~おススメ研修コース~IT系プログラム~ ★☆

急速に進化していくテクノロジーによって、
ビジネス現場では急激な変化が起こっており、
これに対応する専門的な知識及び技能を有する人材の育成が
ますます求められています。
またグローバルな環境でビジネスを行うには、
語学力はもちろん、早い段階から多様な文化を受け入れるための
「グローバル・マインドセット」を身につけることが重要です。

☆グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-022/

★グローバルビッグデータ実装コース★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-010/

☆グローバルクラウドコンピューティングコース☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-007/

★グローバルネットワーキング&情報セキュリティコース★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-021/

☆グローバルシステムエンジニアリングコース☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-008/

★グローバルシステム開発実践コース(英語&中国語版)★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/global-013/

☆ビジネスITアーキテクチャ実践コース☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/malaysia/global-016/

お客様のニーズに応じて、期間や内容などをご提案させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。

▽その他の海外研修 ▽
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/

▽海外研修パンフレット・推奨コース日程(PDF)をご希望の方はコチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://s360.jp/form/32135-15/

▽ブログ:海外研修事務局のつぶやき▽
http://www.it-innovation.co.jp/blog/cat_blog14/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5) 国内研修のご案内(人気のPM育成コース)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現場で成果を出せるITプロフェッショナルを育成する研修コース
多数ご提供しております。

【中級レベル:実践力を高める、見識を深める!】

6/19(火)
初期見積り ~見積り精度を上げるポイント~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-shoki-mitsumori/

7/5(木)-6(金)
プロジェクト計画 ~リスクから考える計画書~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-keikaku/

9/6(木)-7(金)
プロジェクト・コントロール ~問題に気づく・原因が分かる・対策が打てる~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-control/

7/12(木)-13(金)
TOC/CCPM
人間心理に基づくスケジュール管理手法とチームファシリテーション~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-toc-ccpm-tf/

7/19(木)
プロジェクト計画レビュー
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-011/

9/20(木)
プロジェクト推進レビュー
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-012/

7/24(火)
営業のためのプロジェクトマネジメント
~プロジェクト計画、見積り、推進時のポイント~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-eigyo/


-------------------------------------------
【初級レベル:基礎力をつける、概要を学ぶ!】

8/1(水)
プロジェクト計画入門 ~スケジュール・体制作りのいろは~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-008/

6/13(水)・・・★締切間近です★
プロジェクト・コントロール入門 ~進捗管理・品質管理のいろは~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-009/

6/15(金)
PMのための交渉学入門
~対立を価値交換に・コンフリクトにどう対処するか~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-058/

7/25(水)
ネットワークエンジニアのためのWBS・スケジュール策定
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-014/

-------------------------------------------

▽ 他にも、実践に即した研修コース多数。詳細はこちら ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open/

▽PDU/CDU 取得コース一覧▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pducdu/

▽研修パンフレット(PDFファイル)をご希望の方は、コチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://s360.jp/form/32135-15/

▽国内研修「鳥瞰図(全体図)」のPDFダウンロード▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/04/11-160026/

▽研修フォローにおススメ『 個別指導プログラム』は、コチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/oneonone/

ANAシステムズ株式会社様「企画工程人財育成」の事例紹介は、コチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/case/anasystems/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

間もなく6月。九州北部と四国では平年より8日早く梅雨入りしたそうです。

そして6月に見頃を迎える花は紫陽花、皐月、ばら、水連、杜若、花菖蒲など。
いずれも花びらの微妙な厚みやニュアンスのある色あいが、
そぼ降る雨や曇りがちな空模様に明かりをともすようですね。

一方、職場に目をうつすと、
ストレスが常態化する環境で、今までに経験のない課題が増えると
心の病につながる傾向がみられると専門家
ワシントン大学医学部のトーマス・H・ホームズ、リチャード・ラーエ両博士)は
提唱しています。

今、自分が好きなこと、好きなものは何でしょうか?
ちょっと問いかけてみませんか?(Y.S.)


------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください。
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第370号 2018年5月30日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://s360.jp/form/32135-14/

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーションを明記のうえ、
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2018 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★7/4(水)ITIフォーラム@名古屋のご案内!!!/ 林 衛のブログ「素晴らしい人生」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第369号 2018年5月16日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【イベント】-New!-
「ITIフォーラム2018 in 名古屋」のご案内

(2)【新着ブログ】-New!-
素晴らしい人生 by 林 衛

(3)【海外研修】
2018年 おススメの研修コースのご紹介

(4)【国内研修】
人気の”要件定義コース”のご紹介

(5)【コラム】-New!-
『デジタル・トランスフォーメーションには
 何故エンタープライズ・アーキテクトが必要か?』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) 7月4日(水)「ITIフォーラム2018 in 名古屋」開催のご案内
    申込受付開始!! -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊社の一大イベントの1つ「ITIフォーラム2018 in 名古屋」を
今年も開催致します。 皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

【7月4日(水)開催】
デジタルトランスフォーメーション時代到来!
人の心を動かすチームマネジメント
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/11-182423/
生産性を上げるための「チームマネジメント力」のコツや
ますます進化するアジャイル開発手法、そして今後のIT人材育成のヒントをご紹介します。

★セミナー参加費無料★
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/11-182423/

【プログラム】 ----------------------------------------------
■『巻き込み力に差が出る!チームビルディングのための行動様式
   ~仕組みと感性を両立すれば、道は拓ける~』
豊田通商株式会社 
IT戦略部 国内基幹システム第二グループ
グループリーダー 守山 嘉則 様

■『デジタルビジネスの潮流とアジャイル開発』
株式会社永和システムマネジメント 代表取締役社長
株式会社チェンジビジョン CTO  
平鍋 健児 様

■『育成の現場から ~IT人材育成事例のご紹介~』
株式会社アイ・ティ・イノベーション 
HRコンサルティング部 部長 関 和美

■『インドにおけるグローバルビッグデータAI人材育成研修のご紹介』
株式会社アイ・ティ・イノベーション 
営業部 グローバルビジネス担当 渡邊 ゆきえ

【概要】 ---------------------------------------------------------
■日時:2018年7月4日 (水) 
        セミナー14:00~17:45 (無料、受付開始13:30~)
     情報交換会 18:00~19:30(有料 5,000円)
■会場:名鉄グランドホテル 柏の間
----------------------------------------------------------------------- 
▽詳細・お申し込み▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/11-182423/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) 新着ブログ -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆林 衛『ITの達人』
素晴らしい人生  ~何が生き方の真実か~

会社も二十歳になり、私自身も六十三歳になった。決
して長いとは思わないが、ここらで、生き方の整理を
しておきたい。四十三歳でアイ・ティ・イノベーション
を起業したが、そのころに比べて自分が大きく成長し
たとは思わないが、物事を少しはシンプルに考えられ
るようになってきたようだ。

経営とは、自分で生んだ得体のしれない子供を育てる
活動に似ている。時には、我が子は調子が悪くなり病
気になることもある。また、なんだか絶好調で、何で
もうまくいくこともある。不思議なもので、会社とい
う自分の分身の気持ちが分かるような気がする。法人
というくらいだから、人の性格を会社は持っている。
だから、子供を育てるように大切に厳しく育てなけれ
ばならない。

会社にとって大切なことは、「会社の性格」である。
これが間違った性格になると何をやってもうまくいか
なくなるし、性が良ければ、困難も乗り越えられる。

▽続きはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/15-150612/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) 海外研修のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪‥・2018年 おススメの研修コースのご紹介・‥♪

★2018年大注目のコース☆
グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-022/
ビッグデータ・AI分野の実装・実現にむけて社内外の関係者と
要件定義や適用方針の検討ができる人材を育成します。
本分野の先進事例を中⼼にしたAI/機械学習等の研修を通じて、
「どんなことが実現可能か」を理解することを目指します。

★2018年さらに申込みが増えそうなコース☆
グローバルネットワーキング&情報セキュリティコース
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-021/
サイバー攻撃の脅威を理解し、そのセキュリティ対策を学びます。
また、セキュリティ対策プロジェクトを通じて、情報セキュリティや
その管理作業における問題/課題抽出を体感します。

★不動の人気コース☆
グローバルPMコース
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-002/
プロジェクトマネージャとして、グローバルプロジェクトで留意すべき
プロジェクト計画の立案方法、プロジェクト遂行時のリスク対策および
問題への対応、チームマネジメントスキルの向上を図ります。

★人気急上昇のコース☆
グローバルBAコース
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-005/
ビジネスプロセス、ポリシー、情報システム等、
ビジネスに関する問題ステートメントとユーザーの要求事項を
定義するための方法論を学びます。

★今後問合せが増えそうなコース☆
ビジネスITアーキテクチャ実践コース
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/malaysia/global-016/
ワークショップを通じて、ビジネスとITアーキテクチャの関係を理解し、
ITABoKの5つのITアーキテクチャスキルを実際のプロジェクトに
どのように適用するかについて学びます。
また、アーキテクチャ開発メソドロジーであるTOGAF®の理解と適用方法や、
ビジネス・テクノロジー戦略の適用方法を学びます。

★海外研修の導入におススメのコース☆
グローバルプロジェクト短期実践コース(英語版)
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/global-011/
英語、異文化が学べ、さらにレゴ社製マインドストームを使った
現地学生とのワークショップと内容盛りだくさんのコース。
2週間で行けて、ビザも不要。IT部門の方はもちろん、
ノンITの若手ポテンシャル人材にもご参加いただいております。

お客様のニーズに応じて、期間や内容などをご提案させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。
グローバルビジネス部:info@it-innovation.co.jp

▽その他の海外研修はこちら ▽
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/

▽海外研修パンフレット(PDF)のダウンロード▽
http://www.it-innovation.co.jp/2017/05/30-204914/

▽2018年海外研修推奨コース日程 (PDF)のダウンロード ▽
https://s360.jp/form/32135-15/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4) 国内研修のご案内(新規コース)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★目指せ、要件定義マスター★

新規コース紹介の第3弾として今回は、
”要件定義コースをご紹介します!

要件定義では、機能要件はアプリケーション開発チームで、
非機能要件はインフラチームで・・・
と分断してしまうことがよくあります。

本来、要件定義とは、
業務を実現するための主となる機能要件と、
システム構成や運用を実現するための非機能要件が干渉しあうものです。

『要件定義実践』研修では、
機能要件を定義するための、プロセス分析とモデル化・データ分析と
モデル化を中心に学びます。

また、『システム要件定義』研修では、
業務と非機能要件の関係性や考え方について学び、
アーキテク設計をするためのポイントを学びます。

この2コースであなたも要件定義マスターになりましょう!!
-----------------------------------------------------------------------------------------
■要件定義実践
~セオリーと事例を織り交ぜながら~ 2日間
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-003/

開催日  :2018年10月4日(木)~5日(金),2019年3月7日(木)~8日(金)
時 間  :09:30-17:30
場 所  :東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川5階
受講料  :120,000円(税別)
テキスト代:5,000円(税別)

≪概要≫
要件定義では何を検討し、何を決めなければならないのか?
その根幹を学びます。機能要件定義に焦点をあてた演習で体得します。

≪主な学習項目≫
・要件定義とは
・現状把握と要求
・プロセス分析と要件
・データ分析と要求
・非機能要件とアーキテクチャ

≪到達目標≫
・IT構想・企画、要件定義、設計のつながりがわかる
・要件定義で検討すべき事項がわかる
・機能要件を定義できる

≪対象者≫
・これから要件定義に携わる方
・要件定義の実務能力を高めたい方

≪前提条件≫
アプリケーションの設計やプログラム作成に従事したことがある、
もしくは同等の知識を有していること

▽お申し込みはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-003/

-----------------------------------------------------------------------------------------
★新コース★
■システム要件定義
~機能・非機能要件をアーキテクチャ設計へ~  1日間
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-051/

開催日  :2018年9月13日(木),2019年2月7日(木)
時 間  :09:00-18:00
場 所  :東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川5階
受講料  :60,000円(税別)
テキスト代:5,000円(税別)

≪概要≫
機能要件と非機能要件の整合性を確保する方法、
それらを踏まえたアーキテクチャ設計の観点を学びます。

≪主な学習項目≫
・要件定義を実施する上での関連概念の整理
・顧客要件のブレイクダウンと機能・非機能要件の洗い出し
・要件の詳細化とシステム要件としての整合性調整
・システム要件定義内容の設計反映要点の整理
アーキテクチャ設計
・事例紹介

≪到達目標≫
・要件定義で明確にすべき要件、そのつながりや検討の流れ・手順を説明できる
・機能要件、非機能要件の整合性を調整できる
・要件を満たすアーキテクチャを設計できる

≪対象者≫
・アプリケーション開発担当者
・インフラ構築担当者
・要件定義の実務能力を高めたい方

≪前提条件≫
要件定義やシステム設計・構築を行った経験があること

▽お申し込みはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-051/

-----------------------------------------------------------------------------------------

▽オープンコース開催日程一覧&お申込み▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open/

▽PDU/CDU 取得コース一覧▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pducdu/

▽研修パンフレット(PDFファイル)をご希望の方は、コチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://s360.jp/form/32135-15/

▽国内研修「鳥瞰図(全体図)」のPDFダウンロード▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/04/11-160026/

▽研修フォローにおススメ『 個別指導プログラム』は、コチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/oneonone/

ANAシステムズ株式会社様「企画工程人財育成」の事例紹介は、コチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/case/anasystems/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5) Iasa日本支部のコラム紹介 -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊社が加盟していますIasa日本支部よりお知らせです。

Iasa日本支部は、ITアーキテクトアーキテクチャ
一層の関心を持って頂くため、Iasaグローバル(本部米国)の
WEBサイト上に掲載されている記事・投稿の一部を翻訳し、
定期的に掲載されていますので、ご紹介いたします。

※Iasaとは、ビジネスとITアーキテクチャのプラクティスと
ナレッジベースに強みを持つNPOです。

【タイトル】
デジタル・トランスフォーメーションには
何故エンタープライズ・アーキテクトが必要か?

【投稿記事サマリー】
アーキテクトでもあり、アジアの国々のマーケットと
グローバルでのアーキテクチャ関連の動向と
アーキテクト育成に詳 しい Aaron ⽒による
「デジタル・トランスフォーメーション」についての記事です。
今⽇のほとんどあらゆる業界での急速なデジタイゼーションの中で、
現在の IT 組織が作りあげてきた IT システムの問題 点と課題に
⾔及しています。その課題を打開するための⽅法としてデジタル・
トランスフォーメーション⼒、IT 組織の コスト・センターからの
脱⽪の取組みの重要性、アーキテクトの役割とその重要性が紹介されています。

【原文著者紹介】
Aaron Tan Dani ⽒はデジタル変⾰の EA 分野において特に
アジア地区で広く尊敬されているリーダーで あり、
デジタル変⾰ EA の採⽤を積極的に推進しています。
現在はシンガポールコンピュータサイエンス EA-SIG 会⻑、
Iasa Asia 地区会⻑、及び、ATD ソリューション社の CEO 兼
チーフアーキテクトを担っています。

▽ 詳細はコチラ ▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/05/07-143712/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

五月晴れの空を背景に木々の緑が映える季節となりました。
一方、寒暖の差がはげしい気候や、新年度のスタートにともなう環境の変化などで
体調をくずされる方も見受けられます。

多様化の時代、個性を活かす時代。
頑張るところと、休むところのメリハリをつけることも
プロフェッショナルとして、人として、大切なことでしょう。

職場では、先輩の様子を後輩はちゃんと見ています。

企業文化を担う一員として、これが正しいと思うことを
実行できるよう頑張ってまいりましょう! (Y.S.)

------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください。
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第369号 2018年5月16日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://s360.jp/form/32135-14/

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーションを明記のうえ、
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2018 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

★千本ノック!~習うより慣れろ~/グローバル人材育成について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第368号 2018年4月25日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【国内研修】
2018年度 研修鳥瞰図(全体図)のご案内

(2)【国内研修】
新規コースのご紹介:千本ノック!~習うより慣れろ~

(3)【海外研修】
お勧めコースのご紹介

(4)【ブログ】-New!-
人気ブログのご紹介


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) 2018年度 研修鳥瞰図(全体図)のご案内 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ITIオリジナル 人材育成マップ★☆

国内研修「鳥瞰図(全体図)」は、ビジネスアナリスト、
ITアーキテクト、プロジェクトマネージャ、営業担当者、
開発担当者、運用担当者といった人材と研修コースとの
相関関係をマッピングしたものです。

ITプロセス(ビジネス戦略・IT戦略~IT構想・企画~
要件定義~設計・開発~テスト~運用・保守)遂行に
おいて、必要なスキルを獲得、強化するコースが一目
で分かり、IT事業支援と人材育成の両面を手掛けてい
コンサルティング会社ならではの資料となっており
ます。

当社の研修コースは、IT人材に必須である『テクニカ
ルスキル』の獲得・強化コースと『ビジネススキル・
コンピテンシー』の養成コースがあり、IT現場の人材
育成を包括的にサポートいたします。

多種多様なIT人材一人ひとりにとって、有効なトレー
ニングとなるべく、人材別に必要な研修コースが分か
るようになっておりますので、スキルの獲得、キャリ
アの形成をお考えの際、お役立ていただけますと幸い
です。

▽ 国内研修「鳥瞰図(全体図)」の詳細とPDFダウンロードはコチラ ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/#choukanzu


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) 国内研修 新規コースのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★千本ノック!~習うより慣れろ~★

新規コース紹介の第2弾として今回は、
”千本ノック!シリーズ”をご紹介します!

話をする、文章を書く・・・といったヒューマンスキルは、
教えてもらって上手くなるものではありません。
何度も実践を繰り返すのみです。

“千本ノック!“と名付けた2コースは、講義よりも多くの演習で
体得してもらうコースです。

皆さんがヘトヘトになるくらいに、
“頭を使って、手を使って、口を使って”体得しましょう。

----------------------------------------------------------------
■ビジネスライティング千本ノック!
 ~習うより慣れろ~ 1日間
http://www.it-innovation.co.jp/academy/change-leader/cp-060/

開催日  :8月2日(木),10月18日(木),2019年1月16日(水)
時 間  :09:30-17:30
場 所  :東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川5階
受講料  :60,000円(税別)
テキスト代:5,000円(税別)

≪概要≫
本研修は、座学よりも演習を重視し、徹底した文書作成トレーニングを
通じてドキュメント作成能力の向上を図ります。さまざまな文書作成に
対応できるように、多彩なパターンのドキュメント作成演習を行います。
読み手が求めていることを常に意識し、簡潔に手早くまとめ、確実に意
図が伝わるドキュメントへと変換するコツを習得することができます。
文書を作成するだけではなく、部下の作成した文書を評価するスキルも
身につきます。また、論理思考にも踏み込むことで、口頭での説明を行
う際にも役に立つスキルが身につきます。

≪主な学習項目≫】
・ロジックツリーの考え方
・効果的な箇条書きの方法
・一目で理解できる文書の作成方法
・図表化のコツ

≪対象者≫
・文書作成に苦手意識がある方
・自分の文書スキルをブラッシュアップしたい方

▽お申し込みはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/change-leader/cp-060/

----------------------------------------------------------------

■プレゼンテーション千本ノック!
~習うより慣れろ~ 2日間
http://www.it-innovation.co.jp/academy/change-leader/cp-051/

開催日  :7月4日(水)と7月18日(水),2019年1月8日(火)と1月22日(火)
時 間  :13:30-16:30
場 所  :東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川5階
受講料  :50,000円(税別)
テキスト代:受講料に含まれております
※ 本研修は2日コースですが、半日ずつを間隔をあけて実施します。

≪概要≫
社内・社外で自分の考えを説明する、お客様に提案するなど、
プレゼンテーションの機会が良くありますが、

・自分が説明したいことを長々話す
・スライドを説明するだけになっている

というプレゼンになっていませんか?
プレゼンテーションはプレゼンターが主役です。
プレゼンターは自分が話したいこと長々話すのではなく、
決められた時間で相手の心を動かす話をしなければなりません。

「習うより慣れろ!」をモットーに、皆さんに「おススメしたいこと」を
プレゼンしてもらい、講師や他の受講者から「興味を持てたか」を
率直にフィードバックしてもらうことで、
自分本位なプレゼンから「どうやったら相手に興味を持ってもらえるか」
という視点に立ったプレゼンに変えるための研修です。
また、プレゼンの補助資料であるスライド作成についても基本を学びます

≪主な学習項目≫
・話し方、身振り手振りで相手に伝えることを体感する
・スライドの構成、スライドを用いた話し方、振る舞いを体感する
・プレゼン後、講師および他の参加者からフィードバックを受ける

≪到達目標≫
・決められた時間で相手が納得するプレゼンテーションを行う
・シンプルでわかりやすいスライドを作成する

≪対象者≫
・プレゼンテーションスキルを高めたいと思っている方
・人前で話をすることに苦手意識を持っている方

▽お申し込みはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/change-leader/cp-051/

----------------------------------------------------------------

▽オープンコース開催日程一覧&お申込み▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open/

▽PDU/CDU 取得コース一覧▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pducdu/

▽研修パンフレット(PDFファイル)をご希望の方は、コチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://s360.jp/form/32135-15/

▽研修フォローにおススメ『 個別指導プログラム』は、コチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/oneonone/

ANAシステムズ株式会社様「企画工程人財育成」の事例紹介は、コチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/case/anasystems/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) 海外研修のご案内 お勧めコースご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆海外研修の導入や見直しを検討されているご担当者様へ★☆

IT人材不足が深刻化する中、採用活動に新入社員研修。
そしてますます高まるグローバル人材の必要性。
人事担当者の方々は多忙な日々を過ごされているかと思います。

グローバル人材を増やすには、潜在的にグローバル人材になりうる候補者を
見つけ出すことが重要です。

ただし混同してはならないのが、
「グローバル人材」=「語学が堪能な人材」ではなく、
「優秀な人材」=「グローバル人材」でもないということ。

たとえ今、語学力が低い人であっても、
「海外とかかわる仕事がしたい、海外で働きたい」といった動機を
強く持っている人のほうが、ただ語学力が高い人より
将来的には優秀なグローバル人材に成長するのではないでしょうか
また海外生活に適応力があるかどうかの見極めも重要です。
グローバル人材育成に、ぜひITIの海外研修をご活用ください。

☆・‥ おススメの研修コース‥・☆
■ 異文化コミュニケーションコース
英語による総合的なビジネスコミュニケーションスキルを短期間で習得します。
異文化とその背景を理解し、判断力、問題解決力の向上を図ります!!
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-001/

■ グローバルPMコース
ソフトウェア開発プロジェクトにおける予期せぬスコープ変更、リスクマネジメント、
異文化に基づく問題など、クライアントおよび内部交渉を含むグローバルプロジェクトデリバリーで
起こりうるトラブルや留意点、様々なチャレンジを克服する方法を
グローバルチームでのライブプロジェクト経験を通じて体得します
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-002/

■ グローバルプロジェクト短期実践コース(英語版)
制御システム構築プロジェクトを通じ、異文化背景を持つチームメンバとのチームビルディング、
ファシリテーション能力、コミュニケーション能力などのスキルを学びます。
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/global-011/

▽海外研修の詳細はコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/

▽海外研修パンフレット(PDF)ダウンロード▽
http://www.it-innovation.co.jp/2017/05/30-204914/

▽お勧め推奨コース日程 (PDF)のダウンロード▽
https://s360.jp/form/32135-15/

お客様のニーズに応じて、期間や内容などをご提案させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。
グローバルビジネス部:info@it-innovation.co.jp 


──────────────────…‥
(4) 2017年度 人気ブログのご紹介   -New!-
──────────────────…‥
2017年度によく読まれた人気ブログを発表いたします。
読み逃した方、必読です!

★どっちの契約でショー!「一括請負」vs「準委任」 by 工藤 武久
http://www.it-innovation.co.jp/2015/02/09-142414/

★小善は、大悪に似たり、大善は、非情に似たり by 林 衛
http://www.it-innovation.co.jp/2014/07/30-143400/

SoEとSoRの分類ってどうなの? by 中山 嘉之
http://www.it-innovation.co.jp/2016/12/04-152807/

★PMOの具体的な仕事ってなに? by 関 和美
http://www.it-innovation.co.jp/2012/03/21-220216/

★段取りの四:スケジュール表を作成する by 弘中 伸典
http://www.it-innovation.co.jp/2010/08/03-141339/

★ヒューマン・スキルとコンセプチュアル・スキルについて。 by 横尾 誠康
http://www.it-innovation.co.jp/2010/01/05-132724/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月も第4週に入り、ゴールウィークを待ち遠しく感じながら
お仕事に励まれる方も多くいらっしゃることかと思います。

外出はどこも混んでいるので、のんびり過ごされたい方、
つよく惹かれて買い求め、途中まで読んだものの、そのままになっている本はありませんか?

例えば、この本、 
「DECの興亡―IT先端企業の栄光と挫折」
ピーター・S.ディリシー  , エドガー・H・シャイン ・・・(著)

かつて革新的な成功を収めた同社が、なぜ繁栄を継続出来なかったか?ということより、
企業体としての実体はなくしても、 文化を受け継ぎ体現し続けるOB、OGの皆さんがいることに、私は羨望を禁じ得ないのです。

その謎に迫る時間を心待ちに、あと数日、頑張りたいと思います。(Y.S.)

------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください。
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第368号 2018年4月25日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://s360.jp/form/32135-14/

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーションを明記のうえ、
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2018 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━