【 ザ・グローバル・イノベーターズ 】

ザ・グローバル・イノベーターズの思いは、前向きな変化・変革をメルマガを通じて実現したいというメッセージです。

★現場を極めたITアーキテクトの中山 嘉之が登壇!「DX時代に備えて日本企業がやっておく事」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第387号 2019年2月13日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【IT研修】  -New!-
2019年研修総合パンフレットのご案内

(2)【無料セミナー】 
 「DX時代に備えて日本企業がやっておく事」セミナーのご案内
https://www.it-innovation.co.jp/2019/01/17-171958/

(3)【リリース】
 メタデータ管理ツール 『Metanoah』 リリース!
https://www.it-innovation.co.jp/products/metanoah/

(4)【海外研修】
インド、中国、マレーシア研修のご紹介
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) 2019年 研修総合パンフレットのご案内  -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人材育成担当者の方、必見です★

このたび、2019年研修総合パンフレットが完成しました。
IT教育・育成が専門のコンサルタントによる渾身の作です。

本パンフレットは、お客様のニーズに合ったスキルの獲得や
各人のキャリア形成につながるように、
おススメの受講パターンを紹介し、大変分かりやすいと
毎年好評をいただいております。

また、人材育成に関してのお悩み別に、
ソリューションをご紹介しておりますので、
お客様の課題に合った研修が見つかるはずです!

是非、お手に取ってご覧いただき、
皆様のキャリアアップ、課題解決に向け、
お役に立てますと幸いです。


▽ PDFファイルでの入手は、コチラからお申し込みください ▽
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_6/index.do

▽ 見やすい冊子(紙)の郵送をご希望の方は、コチラからご連絡ください ▽
info@it-innovation.co.jp

▽ 2019年度オープンコース開催日程一覧は、こちらでご確認ください ▽
https://www.it-innovation.co.jp/pdf/opencourse.pdf/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) 【無料セミナー】 
「システム再構築と脱Excelを考える」セミナー案内 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★現場を極めたITアーキテクトの中山嘉之が登壇します★

来る2月(東京、大阪)、3月(名古屋)に、
システムインテグレータ様と共催で、
『システム再構築と脱Excelを考える』と題し、
無料セミナーを開催いたします。 
https://www.it-innovation.co.jp/2019/01/17-171958/


人気ブログ「成功へ導く極意」』でお馴染みの
弊社コンサルタント中山嘉之が、
『DX時代に備えて日本企業がやっておく事』と題し、登壇いたします!

エンタープライズデータHUB」の実像を、
データ中心でモデルドリブンな構築手法とともにお伝えしますので
この機会に是非、ご参加ください!

==============================
「システム再構築と脱Excelを考える」セミナー
 〜 大規模システム向けデータモデリング、プロジェクト管理、 
   ER図・設計書作成の方法論とツールをご紹介します!〜
==============================

経産省から「2025年の崖」が発表されています。
これは既存の基幹業務システムの複雑化・ブラックボックス化が原因で
再構築や維持すらうまくいかず、
2025年にデジタルトランスフォーメーション(DX)から
取り残されてしまう・・という提言です。

そうすると使いにくい基幹システムが残り、本来集計を得意とするExcelは、
周辺システム:Excelとして存在感を増していきます。
これでは人間の作業が増えてしまい、データ活用をして市場の変化
対応していくDXどころではなくなってしまいます。

デジタル技術を成長力に変え、本来あるべきシステム再構築と脱Excelを
考えている皆様に、その勘所をわかりやすくお伝えしたいと思います。

参加費は無料です。
お早目に下記URLからお申し込みをお願いいたします。
※詳細、お申し込みは、システムインテグレータ様のサイトになります。

■東京開催
☆詳細・お申し込みはこちら↓
https://products.sint.co.jp/obpm/seminar/190221

・日 時:2019年2月21日(木) 13:25〜17:00 (受付:12:55〜)
・会 場:大手町サンケイプラザ3F
・住 所:〒100-00104 東京都千代田区大手町1-7-2
・交 通: 丸の内線、半蔵門線、千代田線、東西線都営三田線
     「大手町駅」直結 徒歩1分
・参加費:無料(※事前登録制)
・定 員:250名

■大阪開催
☆詳細・お申し込みはこちら↓
https://products.sint.co.jp/obpm/seminar/190225

・日 時:2019年2月25日(月) 13:25〜17:00 (受付:12:55〜)
・会 場:ブリーゼプラザ(西梅田) 8F 803会議室
・住 所:〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー 8F
・交 通:地下鉄四ツ橋線「西梅田」駅 徒歩3分
      JR「大阪」駅(桜橋口)、阪神「梅田」駅(西改札) 徒歩5分
・参加費:無料(※事前登録制)
・定 員:100名

■名古屋開催
☆詳細・お申し込みはこちら↓
https://products.sint.co.jp/obpm/seminar/190311

・日 時:2019年3月11日(月) 13:25〜17:00 (受付:12:55〜)
・会 場:産業労働センター ウインクあいち11F 1102会議室
・住 所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
・交 通:JR名古屋駅 桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
             またはユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
・参加費:無料(※事前登録制)
・定 員:80名

沢山の方のご来場を心よりお待ちしております!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) メタデータ管理ツール 『Metanoah』 リリース!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー企業の情報システム部の方におススメ★

大規模システム再構築における失敗の主たる原因は以下の通りです

・既存レガシーシステムビジネスロジックのブラックBOX化
・度重なる増改築によるマスター、トランザクションの亜種が複数存在
ERPパッケージ・ソリューションでの膨大なアドオン・カスタマイズ

上記は、メタデータ(データを説明するデータ)定義が、
不明確なことに起因しており、これらの状況を回避するために、
きちんとした「データのあり方」を設計することが必要です!

弊社の『Metanoah(メタノア)』というメタデータ管理ツールを導入し、
一元管理することにより、
資産の見える化システム開発・保守の生産性向上など、
設計工程の課題を解決することができます。

▼内容の詳細、無料資料のダウンロードはこちら
https://www.it-innovation.co.jp/products/metanoah/

▼関連するブログ
REPOSITORY by 中山 嘉之
https://www.it-innovation.co.jp/2014/05/07-195520/

リポジトリを作ってみよう!(その1) by 中山 嘉之
https://www.it-innovation.co.jp/2016/05/11-141621/

リポジトリを作ってみよう!(その2) by 中山 嘉之
https://www.it-innovation.co.jp/2016/05/22-083622/

リポジトリーの完成(=システム可視化事始め)by 中山 嘉之
https://www.it-innovation.co.jp/2016/06/05-031841/

▼中山 嘉之の著書
「システム構築の大前提— ITアーキテクチャのセオリー」
https://www.it-innovation.co.jp/2018/07/10-194616/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4)海外研修のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバル人材の育成はどのように取り組まれていますか?

弊社が提供する海外研修は、語学研修はもちろんのこと、
人気のPM研修や、今話題のAI・ビックデータ関連の研修など
豊富なプログラムをご用意しています。

経験豊富なコーディネータが効果がある研修をご提案致しますので
お気軽にお問い合わせください。
グローバルビジネス部:info@it-innovation.co.jp

▽インド研修詳細▽
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/

インド人のCEOがIT系企業で増えているようにインドはIT国家です。
加えて補助公用語が英語なため、IT+英語を学ぶにはピッタリの国です。
さらにAI・ビッグデータ分野でも注目されています。
インドというタフな環境に慣れることで、
どこに行ってもやっていける自信を持つことができます。

☆グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-022/

★グローバルアジャイル開発コース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-018/

☆グローバルクラウドコンピューティングコース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-007/

★グローバルPMコース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-002/


▽中国研修詳細▽
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/

学生たちに最先端の現代IT教育を提供している
中国の大連東軟信息大学と提携し、IT人材育成研修を提供しています。
日本人の新入社員や若手社員に対する基礎的なIT技術教育や
中共同チームがシステム開発プロジェクトに
ワークショップ形式で取組む実践的研修を行います。

☆グローバルプロジェクト短期実践コース(英語版)☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/global-011/

★グローバルシステム開発実践コース(英語&中国語版)★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/global-013/


▽マレーシア研修詳細▽  
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/malaysia/

ビジネス構造と表裏一体をなすIT構造をデザインし、
企業価値を向上させるためにはITアーキテクトの存在は必須となります。
atd solutionとの提携により、ITアーキテクチャにおける「基礎力」、
「実務力」、「俯瞰力」そして「判断力」を
英語で学べる研修プログラムをご提供致します。

参加者の多くはマレーシア人です。マレーシアは多民族国家
それぞれの文化、言語、宗教、生活様式を保ちつつ、
互いを尊重し、独特なマレーシアの魅力を創り出しています。
アラブ、オーストラリア、ロシア等からの参加もあり、
1つの教室内でも様々な異文化背景を持つ人々と出会うことができます。

☆ビジネスITアーキテクチャ基礎コース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/malaysia/global-015/
★ビジネスITアーキテクチャ実践コース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/malaysia/global-016/


▽海外研修パンフレット・推奨コース日程(PDF)をご希望の方はコチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_6/index.do

▽ブログ:海外研修事務局のつぶやき▽
https://www.it-innovation.co.jp/blog/cat_blog14/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日お聞きした、あるユーザ企業の情報システム部のお話しです。

組織力強化のために、中途採用に力を入れコストを投じ、
コンサルティング会社やSI企業から優秀な人材を採用しました。

ところが、プロジェクトが遅延してくると、あっさりスコープを縮めようとするとのこと。

それでは、本来の要件が満たせるはずがありません。

それまで所属していた組織で身に着けた知識や経験を活かしながら
さらにユーザー側として譲れないポイントを
シュミレーションすることがむずかしいのでしょうか?

資質による向き、不向きももちろんあると思いますが、
相手の立場に立って考えられる能力は、
意識しながら実践を繰り返し高められていくものかもしれません。
足元の取り組みを積み重ねていきませんか?(Y.S.)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826

------------------------------------------------------------

※本メールマガジンは、株式会社アイ・ティ・イノベーションの担当者と
名刺交換をさせていただいた皆様、弊社が開催したイベントにご参加いた
だいた皆様へお送りしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第387号 2019年2月13日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_5/index.do

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーション」を明記のうえ
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2019 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★現場を極めたITアーキテクトの中山 嘉之が登壇します!「DX時代に備えて日本企業がやっておく事」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第386号 2019年1月30日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【無料セミナー】 -New!-
 「システム再構築と脱Excelを考える」セミナーのご案内
https://www.it-innovation.co.jp/2019/01/17-171958/

(2)【リリース】
 メタデータ管理ツール 『Metanoah』 リリース!
https://www.it-innovation.co.jp/products/metanoah/

(3)【海外研修】
2019年前期研修日程のご案内

(4)【国内研修】
ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業のご案内
https://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-software/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) 【無料セミナー】 -New!-
「システム再構築と脱Excelを考える」セミナー案内 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★現場を極めたITアーキテクトの中山嘉之が登壇します★

来る2月(東京、大阪)、3月(名古屋)に、
(株)システムインテグレータ様と共催で、
無料セミナーを開催いたします。 
https://www.it-innovation.co.jp/2019/01/17-171958/


人気ブログ「成功へ導く極意」』でお馴染みの
弊社コンサルタント中山嘉之が、
『DX時代に備えて日本企業がやっておく事』と題し、登壇いたします!

エンタープライズデータHUB」の実像を、
データ中心でモデルドリブンな構築手法とともにお伝えしますので
情報システム部の方、システム再構築をお考えの方、
この機会に是非、ご参加ください!

==============================
「システム再構築と脱Excelを考える」セミナー
 〜 大規模システム向けデータモデリング、プロジェクト管理、 
   ER図・設計書作成の方法論とツールをご紹介します!〜
==============================

経産省から「2025年の崖」が発表されています。
これは既存の基幹業務システムの複雑化・ブラックボックス化が原因で
再構築や維持すらうまくいかず、
2025年にデジタルトランスフォーメーション(DX)から
取り残されてしまう・・という提言です。

そうすると使いにくい基幹システムが残り、本来集計を得意とするExcelは、
周辺システム:Excelとして存在感を増していきます。
これでは人間の作業が増えてしまい、データ活用をして市場の変化
対応していくDXどころではなくなってしまいます。

デジタル技術を成長力に変え、本来あるべきシステム再構築と脱Excelを
考えている皆様に、その勘所をわかりやすくお伝えしたいと思います。

参加費は無料です。
お早目に下記URLからお申し込みをお願いいたします。
※詳細、お申し込みは、(株)システムインテグレータ様のサイトになります。

■東京開催
☆詳細・お申し込みはこちら↓
https://products.sint.co.jp/obpm/seminar/190221

・日 時:2019年2月21日(木) 13:25〜17:00 (受付:12:55〜)
・会 場:大手町サンケイプラザ3F
・住 所:〒100-00104 東京都千代田区大手町1-7-2
・交 通: 丸の内線、半蔵門線、千代田線、東西線都営三田線
     「大手町駅」直結 徒歩1分
・参加費:無料(※事前登録制)
・定 員:250名

■大阪開催
☆詳細・お申し込みはこちら↓
https://products.sint.co.jp/obpm/seminar/190225

・日 時:2019年2月25日(月) 13:25〜17:00 (受付:12:55〜)
・会 場:ブリーゼプラザ(西梅田) 8F 803会議室
・住 所:〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー 8F
・交 通:地下鉄四ツ橋線「西梅田」駅 徒歩3分
      JR「大阪」駅(桜橋口)、阪神「梅田」駅(西改札) 徒歩5分
・参加費:無料(※事前登録制)
・定 員:100名

■名古屋開催
☆詳細・お申し込みはこちら↓
https://products.sint.co.jp/obpm/seminar/190311

・日 時:2019年3月11日(月) 13:25〜17:00 (受付:12:55〜)
・会 場:産業労働センター ウインクあいち11F 1102会議室
・住 所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
・交 通:JR名古屋駅 桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
             またはユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
・参加費:無料(※事前登録制)
・定 員:80名

沢山の方のご来場を心よりお待ちしております!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) メタデータ管理ツール 『Metanoah』 リリース!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー企業の情報システム部の方におススメ★

大規模システム再構築における失敗の主たる原因は以下の通りです

・既存レガシーシステムビジネスロジックのブラックBOX化
・度重なる増改築によるマスター、トランザクションの亜種が複数存在
ERPパッケージ・ソリューションでの膨大なアドオン・カスタマイズ

上記は、メタデータ(データを説明するデータ)定義が、
不明確なことに起因しており、これらの状況を回避するために、
きちんとした「データのあり方」を設計することが必要です!

弊社の『Metanoah(メタノア)』というメタデータ管理ツールを導入し、
一元管理することにより、
資産の見える化システム開発・保守の生産性向上など、
設計工程の課題を解決することができます。

▼内容の詳細、無料資料のダウンロードはこちら
https://www.it-innovation.co.jp/products/metanoah/

▼関連するブログ
REPOSITORY by 中山 嘉之
https://www.it-innovation.co.jp/2014/05/07-195520/

リポジトリを作ってみよう!(その1) by 中山 嘉之
https://www.it-innovation.co.jp/2016/05/11-141621/

リポジトリを作ってみよう!(その2) by 中山 嘉之
https://www.it-innovation.co.jp/2016/05/22-083622/

リポジトリーの完成(=システム可視化事始め)by 中山 嘉之
https://www.it-innovation.co.jp/2016/06/05-031841/

▼中山 嘉之の著書
「現場を極めたITアーキテクトが語る」
https://www.it-innovation.co.jp/2018/07/10-194616/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)海外研修のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★2019年前期研修日程をアップしました! ★☆

▽2019年前期〜海外研修推奨コース日程のご案内▽
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_6/index.do
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)

♪‥・お勧め推奨コース・‥♪ 
デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現には
AIやIoTといった最先端技術が不可欠です。

弊社では、近年注目されているAI、IoT等の最先端技術を活用した
新たなビジネスを創出するための人材育成を提供しております。
★グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修のご案内☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-022/

今後IoTが浸透していくと、ますます重要になるのがセキュリティーです。
★グローバルネットワーキング&情報セキュリティコース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-021/

そして、今までも今後も蓄積されていく膨大なデータ。
ビッグデータを分析し、ビジネスに活用していく人材が必要です。
★グローバルビッグデータ実装コース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-010/

最後に不動の人気コース!!
★グローバルPMコース☆
プロジェクトマネージャとして、グローバルプロジェクトで留意すべき
プロジェクト計画の立案方法、プロジェクト遂行時のリスクおよび問題の対応、
チームビルディングを実践していただくことで、国内プロジェクトとの違いを体感します。
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-002/

▽その他の海外研修の詳細はこちら ▽
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/

お客様のニーズに応じて、期間や内容などをご提案させて頂きます
お気軽にお問い合わせください。
グローバルビジネス部:info@it-innovation.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4) ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業 受講者募集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★これからソフトウエア設計を学ぶ方におススメ★
https://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-software/

ソフトウェア設計で使われるプログラミング言語フレームワーク
ツールは様々であり、技術者は多様な技術を習得しなければなりません。
しかし、ソフトウェアの原理原則を押さえておくと、
それらをより深く理解できるようになります。

本研修は、ソフトウェア開発に欠かせない基本的な概念、普遍的な考え方を
しっかり身に付けるコースです。具体的には、ソフトウェアの機能
振る舞いの仕様化の方法を、複合設計法、モジュールの独立度の基準、
ジャクソン法など概観して解説します。また演習を通じて具体的な技法を
体験し、主要概念を身につけることができます。

■3月12日(火)−13日(水)@品川
ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業
 〜構造化・モジュール化・仕様化の原理〜
https://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-software/

【主な学習項目】
・構造化プログラミングの原理を理解する
・ モジュール設計の基本を学ぶ
・ システム設計の基本を学ぶ

【到達目標】
・ソフトウェア設計の原理原則の理解
・ソフトウェアの設計品質の向上

【対象者】
ソフトウェア設計の原理原則を学びたい方

【前提条件】
ソフトウェア開発経験が3年程度あることが望ましい

【受講者の声】
・ベーシックな考え方(原理・原則)をはじめ、
 講師のソフトウェア開発の経験を聞くことができ、
 興味深かった。

・演習はケーススタディがちょうどよく、
 講義で聞いた内容を復習することができた。

▽詳細、お申込みはこちら▽
https://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-software/

▽他にも、実践に即した研修コース多数。詳細はこちら▽
https://www.it-innovation.co.jp/academy/open/

▽PDU/CDU 取得コース一覧▽
https://www.it-innovation.co.jp/academy/pducdu/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第386号 2019年1月30日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_5/index.do

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーション」を明記のうえ
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2019 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★メタデータ管理ツール 『Metanoah』待望のリリース!/「ドキュメンタリー映画 YUKIGUNIを観て」 by 林 衛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第385号 2019年1月16日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫
(1)【リリース】 
 メタデータ管理ツール 『Metanoah』 リリース!

(2)【新着ブログ】 -New!-
ドキュメンタリー映画 YUKIGUNIを観て」 by 林 衛

(3)【海外研修】
2019年2月度インドグローバルAI基礎研修 受講者募集!!

(4)【国内研修】
国内研修の追加開催のご案内

(5)【お知らせ】
ITアーキテクト必携!「ITABoK V2 日本語訳デジタル版」リリースのお知らせ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)メタデータ管理ツール 『Metanoah』 リリース!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー企業の情報システム部の方におススメ★

巨大化、複雑化した基幹系システムを再構築する際、
多くの企業が下記のような課題に直面しています。

・マスタデータが乱立し、どのマスタが正しいか判断できない
・アプリケーション間のマスタ連携に時間がかかり、データの鮮度が落ちる
・アプリケーションのアウトプットが不一致で、原因究明に時間がかかる
・基幹系と情報系のマスタデータがずれていて、意思決定に支障が・・・


このたびリリースした『Metanoah(メタノア)』というメタデータ管理ツールを使うことにより、
正確なデータのあり方を管理し、
企業を支える情報システムにおける様々な課題解決に貢献します!

【導入のメリット】
メタデータによって、データの意味や形式を定義して、
『Metanoah(メタノア)』で一元管理することにより、
以下のようなことが可能になります。

★資産の見える化(長期的な効果)
・自社の情報資源の永続的管理が可能になる
・システム構成要素の形式知化(ホワイトボックス化)が可能にな

システム開発・保守の生産性向上(短期的な効果)
・正しいデータの仕様を、同時に複数の開発ベンダーにシェアでき
・システム機能追加の際、既存データとの重複チェックが可能にな
MDM(Master Data Management)構築に際しての必須基盤になる


▼内容の詳細、無料資料のダウンロードはこちら
https://www.it-innovation.co.jp/products/metanoah/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)新着ブログ -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆林 衛『ITの達人』
ドキュメンタリー映画 YUKIGUNIを観て」

一生ささげられる仕事に誠実に取り組むということは・・・・

1月12日(土)から14日(月・祝日、成人式)の三連休に、
妻の強い勧めもあり、ドキュメンタリー映画「YUKIGUNI」
渋谷の小さな劇場で鑑賞した。

主役は、井山計一さんで、現在92歳の現役バーテンダーである。
大正15年生まれは、10年前に亡くなった私の父親と重なってくる。
昭和・平成という時代を生きてきた井山さんは、
何を考え、どのように生き抜いてきたのだろうか。
なぜ、いまだに日本最高齢バーテンダーとして、
毎日、カウンターに立ち続け、仕事をしているのだろうか。
「雪国」とういう名前のカクテルが誕生した話もさることながら、
井山さんの生きざまに関心が湧いてくる。

▽続きはコチラ▽
https://www.it-innovation.co.jp/2019/01/16-093810/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)海外研修のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★2019年2月度インドグローバルAI基礎研修 まもなく締め切りです!!★☆

<グローバルAI基礎コース>
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/17-181135/
研修期間:2019年2月25日(月)〜3月22日(金)(4週間)
研修目的 :
ビジネスにAI(人工知能)をどのように活用するのか?
・AIのビジネス適用可能性を見出すために、AI、機械学習の全体像を把握します。
ケーススタディを通じて基本的なAIの概念を理解します。
機械学習の基本的な概念と、ハンズオンを通じて関連するライブラリを学びます。
・ビジネスケースを中心にしたAIワークショップを行います。

他社の受講者と切磋琢磨する他流試合の場として、
また、初めてのご参加やお試しとしてのご参加にも最適なコースです。
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/17-181135/

プログラム内容等、お気軽にご相談下さい。
グローバルビジネス部:info@it-innovation.co.jp

♪‥・その他 お勧め推奨コース・‥♪
☆グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修(カスタマイズ)☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-022/

★グローバルPMコース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-002/

☆グローバルPM基礎+アウトソーシングマネジメントコース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-004/

★グローバルBAコース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-005/

☆グローバルビジネスマネジメントコース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-006/

★グローバルクラウドコンピューティングコース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-007/

☆グローバルアジャイル開発コース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-018/

★グローバルビッグデータ実装コース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-010/

☆グローバルネットワーキング&情報セキュリティコース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-021/

◆事例紹介◆
インド研修受講者インタビュー
TIS様『インド海外研修で得られる未来を切り開く力』
https://www.it-innovation.co.jp/case/tis/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4)国内研修の追加開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★好評につき追加開催決定!!★☆

皆様のご要望にお応えして、⼈気コースの ⽇程を増設しました!
超上流工程実践、テストマネジメント、プロジェクト計画入門、
コントロール入門、ビジネスライティング千本ノック!など・・・

すぐに満席になることが予想されますので、
ぜひ、お早めにお申込みをご検討ください!

■2月8日(金) プロジェクト計画入門 @品川 1日間 6PDU
https://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-008/

プロジェクトマネージャーが一番最初に行う仕事は、
「この通りにやればできる!」と思えるような計画を立て、
皆が責任を持って取り組めるようにすることです。
どのように行動すれば成功するのかというシナリオを考え、
問題が発生しても軌道修正ができるようにしておく、
プロジェクトの開始から終了までの道筋や約束事を決めておかなければなりません。

本研修では、プロジェクト計画において最低限抑えるべきポイント
(WBS、スケジュール、体制)を、グループワークを交え学びます。

▽ 詳細・お申し込みはこちら ▽
https://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-008/


■2月12日(火) テストマネジメント @品川 1日間 8PDU
https://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-test-management/

テストは、複雑な手順、複数メンバーでの連携作業です。
本来は非常に高度なマネジメントが必要ですが、
多くのIT組織では「現場管理者の属人的ノウハウ」に頼って
テストが行われています。この「テスト管理者の豊富な経験」を
ノウハウ化・体系化したものが本研修です。

本研修では、テストをマネジメントするプロセス・体制づくりや
品質審査の「勘どころ」を学びます。
「テストを機能させる管理の仕組み」
「テストチームの現場指揮の執り方」
「テスト結果の評価の仕方」など、
現場の成功体験に根ざしたノウハウを伝授します。

▽ 詳細・お申し込みはこちら ▽
https://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-test-management/


■2月26日(火)-27日(水)プロジェクト・コントロール @品川 2日間 16PDU
https://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-control/

「なんとなくオカシイ」「上手くいっていないようだ」・・・
 優れたプロジェクトマネージャは、早い段階で「問題のかすかな兆候」
を感じ取り、未然に対処しています。
一方、同じ状況を「いつものこと」と見逃してしまう人もいます。
この違いは、プロジェクトマネージャの観察力や、思考力・洞察力の差なのです。

本研修では、「プロジェクトの状況を観察する視点」
「問題を構造的にとらえて洞察する方法」「効果的な対策アイデアの出し方」などを、
本物のプロジェクトを題材にしたケーススタディで学びます。

▽ 詳細・お申し込みはこちら ▽
https://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-control/


■3月14日(木)ー15日(金)超上流工程実践 @品川 2日間 14PDU、14CDU
https://www.it-innovation.co.jp/academy/ba-courses/ba-choujouryu-jissen/

「企業のITシステムの3割は使われていない」という報告もあるほど、
十分な構想・企画を経ないで開発に進んでしまい、
導入したのに効果が上がっていないシステムは少なくありません。
IT構想・企画で「システムを作る目的・意義」
「システム化の実現方法」「費用対効果」などを明確化するには、
正しい手順で検討を進める必要があります。

本研修では、IT構想・企画のプロセスや成果物の作成方法を学びます。
実践的な演習を通じ、IT構想・企画における具体的なテクニック
ノウハウを身に付ける事ができます。

 ▽ 詳細・お申し込みはこちら ▽
https://www.it-innovation.co.jp/academy/ba-courses/ba-choujouryu-jissen/

■3月20日(水)プロジェクト・コントロール入門 @品川 1日間 6PDU
https://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-009/

プロジェクトの運営は、良い計画の上に成り立ちます。
しかし、良い計画さえ立てたら大丈夫・・というわけにはいきません。
プロジェクトマネージャーは、計画から逸脱しないよう、
プロジェクトを成功に導くよう、常にコントロールする必要があります。

本研修では、進捗報告書から隠れた問題点を発見し対策立案するという流れを、
グループワークを交え学びます。
またシステム開発プロジェクトにおける重要テーマでもある品質管理に関して、
その基本的な考え方、分析方法を学びます。

 ▽ 詳細・お申し込みはこちら ▽
https://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-009/


■3月26日(火)ビジネスライティング千本ノック! @品川 1日間
https://www.it-innovation.co.jp/academy/change-leader/cp-060/

本研修は、座学よりも演習を重視し、徹底した文書作成トレーニングを
通じてドキュメント作成能力の向上を図ります。
さまざまな文書作成に対応できるように、
多彩なパターンのドキュメント作成演習を行います。
読み手が求めていることを常に意識し、簡潔に手早くまとめ、
確実に意図が伝わるドキュメントへと変換するコツを習得することができます。

文書を作成するだけではなく、
部下の作成した文書を評価するスキルも身につきます。
また、論理思考にも踏み込むことで、
口頭での説明を行う際にも役に立つスキルが身につきます。

 ▽ 詳細・お申し込みはこちら ▽
https://www.it-innovation.co.jp/academy/change-leader/cp-060/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5)「ITABoK V2 日本語訳デジタル版」リリースのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社が加盟しておりますIasa日本支部より、お知らせです。

グローバルに通用するITアーキテクトの知識とスキル体系の普及のため、
このたび、「ITABoK V2 日本語訳 デジタル版」がリリースされました。

IPA(情報処理推進機構)より公開中の
「iコンピタンシーディクショナリ2018 (iCD2018)」では、
ITアーキテクチャに係わるスキル強化のため
ITABoK V2(日本語訳)にも対応頂いております。

企業内でITアーキテクチャ業務に関わる方やITアーキテクト成に関心のある方、
必読です!

▽ 詳細はこちら ▽
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/04-180420/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月20日大寒をひかえ、一年で一番寒い時期になってまいりました。
風邪やインフルエンザも流行っているようですが、お変わりなくお過ごしでしょうか?

先ほど、お客様と人材不足について会話をさせていただく中で、パラレルキャリアのお話しになりました。
P. F. ドラッカーさんによって提唱された「パラレルキャリア」は、本業の他に行う第2の活動 としてこの言葉を用いています。

とんがったIT人材に入社・参画してもらう為に、自由度のあるワークスタイルを認めるのも有効な施策の一つでしょう。
楽しさややりがいを重んじる多様な働き方が、日本でも少しずつ根付き始めていることを感じたひと時でした。(Y.S.)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第385号 2019年1月16日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_5/index.do

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーション」を明記のうえ
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2019 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

★メタデータ管理ツール 『Metanoah』待望のリリース!/2月度インドグローバルAI基礎研修 受講者募集!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第384号 2018年12月19日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫
(1)【リリース】 -New!-
 メタデータ管理ツール 『Metanoah』 リリース!
https://www.it-innovation.co.jp/products/metanoah/

(2)【海外研修】 -New!-
2019年2月度インドグローバルAI基礎研修 受講者募集!!
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/17-181135/

(3)【新着ブログ】 -New!-
懐かしの英国、そして新たに素晴らしきアイルランドの訪問記 その5 by 林 衛
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/18-145233/

(4)【国内研修】
人気の要件定義コースのご案内
https://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-051/

(5)【お知らせ】
ITアーキテクト必携!「ITABoK V2 日本語訳デジタル版」リリースのお知らせ
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/04-180420/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) メタデータ管理ツール 『Metanoah』 リリース! -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー企業の情報システム部の方におススメ★

巨大化、複雑化した基幹系システムを再構築する際、
多くの企業が下記のような課題に直面しています。

・マスタデータが乱立し、どのマスタが正しいか判断できない

・アプリケーション間のマスタ連携に時間がかかり、データの鮮度が落ちる

・アプリケーションのアウトプットが不一致で、原因究明に時間がかかる

・基幹系と情報系のマスタデータがずれていて、意思決定に支障が・・・


このたびリリースした『Metanoah(メタノア)』というメタデータ管理ツールを使うことにより、
正確なデータのあり方を管理し、
企業を支える情報システムにおける様々な課題解決に貢献します!


【導入のメリット】
メタデータによって、データの意味や形式を定義して、
『Metanoah(メタノア)』で一元管理することにより、
以下のようなことが可能になります。

★資産の見える化(長期的な効果)
・自社の情報資源の永続的管理が可能になる
・システム構成要素の形式知化(ホワイトボックス化)が可能にな

システム開発・保守の生産性向上(短期的な効果)
・正しいデータの仕様を、同時に複数の開発ベンダーにシェアでき
・システム機能追加の際、既存データとの重複チェックが可能にな
MDM(Master Data Management)構築に際しての必須基盤になる


▼内容の詳細、無料資料のダウンロードはこちら
https://www.it-innovation.co.jp/products/metanoah/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) 海外研修のご案内 -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★2019年2月度インドグローバルAI基礎研修 受講者募集!!★☆

お客様からのご要望にお応えして、
通常、企業向けインハウス研修としてご提供しているAI研修をアレンジし、
1社1名様からでも参加できるオープンコースを設けました。
今回は、その第2弾のご案内です。

■グローバルAI基礎コース
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/17-181135/
研修期間:2019年2月25日(月)〜3月22日(金)(4週間)
研修目的 :
ビジネスにAI(人工知能)をどのように活用するのか?
・AIのビジネス適用可能性を見出すために、AI、機械学習の全体像を把握します。
ケーススタディを通じて基本的なAIの概念を理解します。
機械学習の基本的な概念と、ハンズオンを通じて関連するライブラリを学びます。
・ビジネスケースを中心にしたAIワークショップを行います。

他社の受講者と切磋琢磨する他流試合の場として、
また、初めてのご参加やお試しとしてのご参加にも最適なコースです。
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/17-181135/

プログラム内容等、お気軽にご相談下さい。
グローバルビジネス部:info@it-innovation.co.jp

♪‥・その他 お勧め推奨コース・‥♪
☆グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修(カスタマイズ)☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-022/

★グローバルPMコース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-002/

☆グローバルPM基礎+アウトソーシングマネジメントコース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-004/

★グローバルBAコース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-005/

☆グローバルビジネスマネジメントコース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-006/

★グローバルクラウドコンピューティングコース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-007/

☆グローバルアジャイル開発コース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-018/

★グローバルビッグデータ実装コース★
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-010/

☆グローバルネットワーキング&情報セキュリティコース☆
https://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-021/

◆事例紹介◆
インド研修受講者インタビュー
TIS様『インド海外研修で得られる未来を切り開く力』
https://www.it-innovation.co.jp/case/tis/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)新着ブログ -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆林 衛『ITの達人』
懐かしの英国、そして新たに素晴らしきアイルランドの訪問記 その5

さて今日は、2018年9月3日の月曜日だ。
朝7時に起床し、学内を散歩した後、
スタバのパンとコーヒーで簡単に朝食を済ませた。
日本はまだ夏の盛りであるが、アイルランドのメイヌースの気温は
朝は摂氏10度前後まで下がる。日中は、日差しさえあれば、
日本の秋のような気候で過ごしやすいが、朝と晩は気温が下がる。

ダブリン郊外の閑静な住宅地にあるメイヌース大学は、
公園のような緑の中に建物が、うまく配置されており美しい。
キャンパスは南北に分かれていて、北のキャンパスは、
低層でいいデザインの近代的な構成になっている。

この中には、今回のワークショップの場所になっている
ベンチャーサポートオフィスやホテルも含まれている。

▽続きはコチラ▽
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/18-145233/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4) 人気の要件定義コースのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★目指せ、要件定義マスター★

要件定義では、
機能要件はアプリケーション開発チームで、
非機能要件はインフラチームで・・・
と分断してしまうことがよくあります。

本来、要件定義とは、
業務を実現するための主となる機能要件と、
システム構成や運用を実現するための非機能要件が干渉しあうものです。

『要件定義実践』研修では、
機能要件を定義するための、プロセス分析とモデル化・データ分析
モデル化を中心に学びます。

また、『システム要件定義』研修では、
業務と非機能要件の関係性や考え方について学び、
アーキテク設計をするためのポイントを学びます。

この2コースであなたも要件定義マスターになりましょう!!
-----------------------------------
■要件定義実践■
〜セオリーと事例を織り交ぜながら〜 2日間
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-003/

開催日  :2019年3月7日(木)〜8日(金)
時 間  :09:30-17:30
場 所  :東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川5階
受講料  :120,000円(税別)
テキスト代:5,000円(税別)

≪概要≫
要件定義では何を検討し、何を決めなければならないのか?
その根幹を学びます。機能要件定義に焦点をあてた演習で体得します。

≪主な学習項目≫
・要件定義とは
・現状把握と要求
・プロセス分析と要件
・データ分析と要求
・非機能要件とアーキテクチャ

≪到達目標≫
・IT構想・企画、要件定義、設計のつながりがわかる
・要件定義で検討すべき事項がわかる
・機能要件を定義できる

≪対象者≫
・これから要件定義に携わる方
・要件定義の実務能力を高めたい方

≪前提条件≫
アプリケーションの設計やプログラム作成に従事したことがある、
もしくは同等の知識を有していること

▽お申し込みはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-003/

-----------------------------------
■システム要件定義■
〜機能・非機能要件をアーキテクチャ設計へ〜  1日間
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-051/

開催日  :2019年2月7日(木)
時 間  :09:00-18:00
場 所  :東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川5階
受講料  :60,000円(税別)
テキスト代:5,000円(税別)

≪概要≫
機能要件と非機能要件の整合性を確保する方法、
それらを踏まえたアーキテクチャ設計の観点を学びます。

≪主な学習項目≫
・要件定義を実施する上での関連概念の整理
・顧客要件のブレイクダウンと機能・非機能要件の洗い出し
・要件の詳細化とシステム要件としての整合性調整
・システム要件定義内容の設計反映要点の整理
アーキテクチャ設計
・事例紹介

≪到達目標≫
・要件定義で明確にすべき要件、そのつながりや検討の流れ・手順を説明できる
・機能要件、非機能要件の整合性を調整できる
・要件を満たすアーキテクチャを設計できる

≪対象者≫
・アプリケーション開発担当者
・インフラ構築担当者
・要件定義の実務能力を高めたい方

≪前提条件≫
要件定義やシステム設計・構築を行った経験があること

▽お申し込みはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-051/

-----------------------------------
▽オープンコース開催日程一覧&お申込み▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open/

▽PDU/CDU 取得コース一覧▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pducdu/

▽研修フォローにおススメ『 個別指導プログラム』は、コチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/oneonone/

ANAシステムズ株式会社様「企画工程人財育成」の事例紹介は、コチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/case/anasystems/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5) 「ITABoK V2 日本語訳デジタル版」リリースのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社が加盟しておりますIasa日本支部より、お知らせです。

グローバルに通用するITアーキテクトの知識とスキル体系の普及のため、
このたび、「ITABoK V2 日本語訳 デジタル版」がリリースされました。

IPA(情報処理推進機構)より公開中の
「iコンピタンシーディクショナリ2018 (iCD2018)」では、
ITアーキテクチャに係わるスキル強化のため
ITABoK V2(日本語訳)にも対応頂いております。

企業内でITアーキテクチャ業務に関わる方やITアーキテクト成に関心のある方、
必読です!

▽ 詳細はこちら ▽
https://www.it-innovation.co.jp/2018/12/04-180420/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週、12月12日、東京麹町にて「ITIフォーラム in Tokyo」を
無事、今年も開催させていただきました。

ご来場いただいた皆様、お気に掛けてくださった皆様、おひとりおひとりに
心よりお礼申し上げます。ありがとうございます。

ご協力いただきましたアンケートの中には、
・かなりのスピード感でDXに取り組んでいることがわかった
・男女差より個人差の方が大きい という内容に共感できた
・会社のトップや経営層にも聞いてほしい内容であった
などの嬉しいコメントをいただきました。

これからも、楽しくて役に立つイベントや事例等の情報を
本メルマガにてご提供させていただきたいと考えております。

どうぞ、明年もよろしくお願い申し上げます。(Y.S.)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第384号 2018年12月19日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_5/index.do

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーション」を明記のうえ
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2018 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★開催間近!12/12(水)ITIフォーラム『デジタルトランスフォーメーションによる変化の時代!』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第383号 2018年12月5日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫
(1)【イベント】
開催間近!12月12日(水)「ITIフォーラム2018 in 東京」開催のご案内

(2)【海外研修】
海外研修のご案内 〜 なぜインドで学ぶのか〜

(3)【国内研修】
レビューア、ベテラン層におススメPM研修

(4)【お知らせ】
ITアーキテクト必携!「ITABoK V2 日本語訳デジタル版」リリースのお知らせ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) 【まもなく締め切り】 12月12日(水)「ITIフォーラム2018 in 東京」開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★多数のお申込みありがとうございます!
  お申し込みがまだの方、お急ぎください!★☆
https://www.it-innovation.co.jp/2018/10/23-193412/

今年の東京フォーラムでは、株式会社三越伊勢丹ホールディングス 
常務執行役員 デジタル戦略部門長 CIO  浦田努氏をお招きし
三越伊勢丹にて取り組まれているデジタルトランスフォーメーション」についてお話し戴きます。

また、名古屋大学 副理事・男女共同参画センター長・生命農学研究科教授 束村博子氏をお招きし