【 ザ・グローバル・イノベーターズ 】

ザ・グローバル・イノベーターズの思いは、前向きな変化・変革をメルマガを通じて実現したいというメッセージです。

★『ITの達人』林 衛の新着ブログ/プロマネ必須研修:プロジェクト・コントロール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第379号 2018年10月10日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【新着ブログ】-New!-
懐かしの英国、そして新たに素晴らしきアイルランドの訪問記 その2 by 林 衛
http://www.it-innovation.co.jp/2018/10/09-195649//

(2)【イベント】-New!-
12月12日(水)「ITIフォーラム2018 in 東京」開催のご案内

(3)【海外研修】
海外研修のご案内 〜人材開発・研修担当者の方へ〜
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training//

(4)【国内研修】 
プロマネ必須研修:プロジェクト・コントロール
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-control//


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)新着ブログ -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆林 衛『ITの達人』
懐かしの英国、そして新たに素晴らしきアイルランドの訪問記 その2

33年前の思い出を振り返れば・・・
さて、2018年英国・アイルランドへの旅の始まりは、ロンドンからである。
宿泊するホテルは、ロンドンの金融街一角にあるAldgate近くの利便性の良い
カジュアルなホテルだ。

ロンドンで有名なホテルといえば、リッツとサボイだろう。
リッツは、高級なピカデリー通りある格調ある伝統的なホテルである。
また、サボイもリッツに負けない高級ホテルで、コヴェントガーデンに
近いテムズ河に隣接している。アフタヌーンティで有名だが、
ローストビーフも美味しい。20年ほど前は、このローストビーフ目当てに、
外国人(日本人も含め)が多数訪れ、レストランがいっぱいになった。
どこにでも出現する観光客の行動特性である。
ロンドンにはいろいろなホテルがあり、私は有名なホテルのバー巡りをしたことがある。


▽続きはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/10/09-195649//


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)12月12日(水)「ITIフォーラム2018 in 東京」開催のご案内 -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★当社の一大イベントの一つである
「ITIフォーラム in 東京」を今年も開催致します★☆

テーマ:デジタルトランスフォーメーション時代到来!
    未来に向けた事業戦略と組織のあり方について(仮題)
日にち:2018年12月12日(水)
時間:セミナー14:00〜17:45(無料、受付開始13:30)
      情報交換会18:00〜19:30(有料 5,000円税込)
場所:ホテルルポール麹町

間もなくお申し込み受付を開始致します。どうぞお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)海外研修のご案内 〜人材開発・研修担当者の方へ〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご提案から研修実施、渡航から帰国まで一貫してサポート!
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training//

豊富な経験と蓄積した弊社ノウハウを基に、
お客様の目的にあったプログラムをご提案致します。
また研修実施までのスケジュール管理や渡航にむけたサポートも
行いますので、初めての海外研修でもご安心下さい。

▽海外研修パンフレット・推奨コース日程(PDF)をご希望の方はコチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_6/index.do

‥・ おススメの研修コースご紹介‥・
■ グローバルクラウドコンピューティングコース
クラウド構築プロジェクトにおけるアプリケーション実装を通じて
クラウド技術とビジネスへの影響を学びます。
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-007//

■ グローバルネットワーキング&情報セキュリティコース
サイバー攻撃の脅威を理解し、そのセキュリティ対策を学びます。
また、セキュリティ対策プロジェクトを通じて、情報セキュリティや
その管理作業における問題/課題抽出を体感します。
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-021//

■ビジネスITアーキテクチャ実践コース
ワークショップを通じて、ビジネスとITアーキテクチャの関係を理解し、
ITABoKの5つのITアーキテクチャ・スキルを
実際のプロジェクトにどのように適用するかについて学びます。
また、アーキテクチャ開発メソドロジーであるTOGAF®の理解と適用方法や、
ビジネス・テクノロジー戦略の適用方法を学びます。
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/malaysia/global-016//


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4)「プロジェクト・コントロール」研修のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★実践力を高めたいプロマネの方、必須です★

プロジェクト成功に向け、問題の兆候に早期に気づき根本問題を
解決する能力を、ケーススタディを介して磨きます。
満席がでるほどの人気コースですので、お申し込みはお早めに!

----------------------------------------------------------------
■プロジェクト・コントロール
〜問題に気づく・原因が分かる・対策が打てる〜
2日間 16PDU 中級レベル
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-control//

開催日  :12月4日(火)〜12月5日(水)
時 間  :9:00-18:00
場 所  :東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川5階
受講料  :120,000円(税別)
テキスト代:5,000円(税別)

≪概要≫
「なんとなくオカシイ」「上手くいっていないようだ」・・・
 優れたプロジェクトマネージャは、早い段階で
「問題のかすかな兆候」を感じ取り、未然に対処しています。
一方、同じ状況を「いつものこと」と見逃してしまう人もいます。
この違いは、プロジェクトマネージャの観察力や、思考力・洞察力の差なのです。

本研修では、
「プロジェクトの状況を観察する視点」
「問題を構造的にとらえて洞察する方法」
「効果的な対策アイデアの出し方」などを、
本物のプロジェクトを題材にしたケーススタディで学びます。

≪主な学習項目≫
・プロジェクトコントロールのメカニズム
・問題情報が耳に届くコミュニケーションのとり方
・問題状況を構造化するフレームワーク
・問題原因を洗い出す観点・洞察する観点
・「効果が上がる対策」アイデア出しのフレームワーク

≪到達目標≫
・円滑なコミュニケーションにより問題情報が収集できる
・的確なプロジェクトチームの実行指揮が執れる
・プロジェクトで発生する問題を早期に発見できる
・適切な問題解決行動をとることができる

≪対象者≫
・プロジェクトマネージャ/リーダー
・プロジェクト推進時の実践的な勘どころを身に付けたい方

≪受講者の声≫
アンテナを立てることの重要性はすべてに通じるので役立つと思います。
・演習は実際にある事例を使っていたため、現実的で良かったです。
・演習中心で、非常に分かりやすく、楽しく学べました。
・問題の兆候を把握するために、コミュニケーションがいかに重要かが理解できました。
問題構造図や洞察プロセスの整理方法は業務にもすぐに役立つと思います。

▽お申し込みはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-control//

▽オープンコース開催日程一覧&お申込み▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open//

▽国内研修「鳥瞰図(全体図)」のPDFダウンロード▽
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_77/index.do


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人とのディスカッションを前に、マインドフルネスについて
調べていたところ、NHKスペシャルの「キラーストレス」で取り上げられた
「コーピング」と呼ばれるストレス対策を知りました。

その一部は、どんな気晴らしや対策を行えば効果的か、自分で書き出してみるというものです。
100個を目標にできるだけたくさん挙げるといいそうですが、「コーピング」という名称は知らなくても、
自分がしたいことを書き出したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ご経験がない方は、ぜひ一度試してみてください。

さらに言うなら、ネガティブなストレスの原因となりがちなコミュニケーションを円滑に進めるために、
経験的に“これはいい”という感覚も大切にしながら、共通のキーワードを使って説明することで、相互の理解が深まることもあるように思います。(Y.S.)

------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください。
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第379号 2018年10月10日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_5/index.do

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーションを明記のうえ、
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2018 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★『ITの達人』林 衛の新着ブログ/グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第378号 2018年9月26日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【新着ブログ】-New!-
懐かしの英国、そして新たに素晴らしきアイルランドの訪問記 その1 by 林 衛
http://www.it-innovation.co.jp/2018/09/25-200743/

(2)【海外研修】
海外研修のご案内 〜人材開発・研修担当者の方へ〜
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/

(3)【国内研修】 
ビジネスライティング千本ノック!
http://www.it-innovation.co.jp/academy/change-leader/cp-060/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆林 衛『ITの達人』
懐かしの英国、そして新たに素晴らしきアイルランドの訪問記 その1

33年前の思い出を振り返れば・・・

私は、SEとしての仕事を始めて少し自信がついたころに、
縁があってロンドンにあるBIS社(現在は、M&Aのため存在しません。)に、
1985年から90年頃まで、数回に亘って、
1ヶ月から長いときは半年間滞在し、仕事をした。
私の中では、“1985年という年”が無ければ、
アイ・ティ・イノベーションも存在しないし、
弊社の所有している方法論Modusシリーズ、Modusアカデミーも
存在しないことになる。最も大切な年が、1985年(昭和60年)である。
振り返ってみると、海外の仕事に憧れてトッパンムーア社に入社したが、
偶然依頼を受けた仕事が縁となり渡英し、それが一生の仕事に繋がり、
独立するきっかけになり今に至っている。
全く不思議であるが、こんな人生、計画してできる筈はない。
偶然の積み重ねではあるが、自分が良いと思ったものを選択してきただけなのだ。
良いと思ったものを選択し、続けてきて今がある。
とにかく、自分の選択を信じて、続けてきたことが良かったのだろう。

▽続きはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/09/25-200743/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)海外研修のご案内 〜人材開発・研修担当者の方へ〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご提案から研修実施、渡航から帰国まで一貫してサポート!
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/

豊富な経験と蓄積した弊社ノウハウを基に、
お客様の目的にあったプログラムをご提案致します。
また研修実施までのスケジュール管理や渡航にむけたサポートも
行いますので、初めての海外研修でもご安心下さい。

‥・ おススメの研修コースご紹介‥・
☆グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-022/

★グローバルビッグデータ実装コース★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-010/

☆グローバルクラウドコンピューティングコース☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-007/

★グローバルネットワーキング&情報セキュリティコース★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-021/

☆グローバルシステムエンジニアリングコース☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-008/

★グローバルBAコース★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-005/

☆グローバルPMコース☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-002/

★グローバルシステム開発実践コース(英語&中国語版)★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/global-013/

☆グローバルプロジェクト短期実践コース(英語版)☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/global-011/

◆事例紹介◆
インド研修受講者インタビュー
TIS様『インド海外研修で得られる未来を切り開く力』
http://www.it-innovation.co.jp/case/tis/

▽海外研修パンフレット・推奨コース日程(PDF)をご希望の方はコチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_6/index.do


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)「ビジネスライティング千本ノック!」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★千本ノック!〜習うより慣れろ〜★

「教えてもらう」のではなく、
実践を繰り返す(場数を踏む)ことで、
ビジネスライティング力を磨き、自信をつけます。

自分の意見や考えを他人に伝えることが苦手な方、
文章でのコミュニケーションに不安をお持ちの方、
是非、ご検討ください。

----------------------------------------------------------------
■ビジネスライティング千本ノック!
 〜習うより慣れろ〜 1日間
http://www.it-innovation.co.jp/academy/change-leader/cp-060/

開催日  :10月18日(木)
時 間  :09:30-17:30
場 所  :東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川5階
受講料  :60,000円(税別)
テキスト代:5,000円(税別)

≪概要≫
本研修は、座学よりも演習を重視し、徹底した文書作成トレーニングを
通じてドキュメント作成能力の向上を図ります。さまざまな文書作成に
対応できるように、多彩なパターンのドキュメント作成演習を行います。
読み手が求めていることを常に意識し、簡潔に手早くまとめ、確実に意
図が伝わるドキュメントへと変換するコツを習得することができます。
文書を作成するだけではなく、部下の作成した文書を評価するスキルも
身につきます。また、論理思考にも踏み込むことで、口頭での説明を行
う際にも役に立つスキルが身につきます。

≪主な学習項目≫
・ロジックツリーの考え方
・効果的な箇条書きの方法
・一目で理解できる文書の作成方法
・図表化のコツ

≪到達目標≫
・文書作成に対する苦手意識を払拭する
・読み手を常に意識し、簡潔に手早く内容をまとめられるようになる
・読み手に確実に意図が伝わる文書を作成できるようになる

≪対象者≫
・文書作成に苦手意識がある方
・自分の文書スキルをブラッシュアップしたい方

▽お申し込みはコチラ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/change-leader/cp-060/

▽オープンコース開催日程一覧&お申込み▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open/

▽研修パンフレット(PDFファイル)をご希望の方は、コチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_6/index.do

▽国内研修「鳥瞰図(全体図)」のPDFダウンロード▽
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_77/index.do

----------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

古来より、日本では季節を表現する美しい言葉が使われてきました。
ことに秋は、「秋雨」、「秋の夜長」、「麦秋」など、情緒を感じさせる表現が多いように思います。
そして、「中秋の名月
今年の中秋の名月は、9月24日でしたが、ご覧になれましたか?

秋の夜空は星がよく見えるようになりますし、満月かどうかにとらわれずに
月や星を眺めるのは、目にも心にもよさそうです。

日々の雑多なことはちょっと横に置いて、 ベランダや窓辺にテーブルを置いて
夜空と自分との宴を楽しんでみませんか?

素直に宇宙の彼方と向き合うことで、いつもとは違ったエネルギーを感じることもできそうです。(Y.S.)


------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください。
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第378号 2018年9月26日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_5/index.do?mailID=3983


※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーションを明記のうえ、
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2018 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

★グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修/上半期人気ブログ発表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第377号 2018年9月12日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【海外研修】
海外研修のご案内 ~人材開発・研修担当者の方へ~
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/

(2)【国内研修】
「ビジネスアナリシスの原則」のご案内
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ba-courses/ba-gensoku/

(3)【人気ブログ】 -New!-
2018年度上期 人気ブログのご紹介


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)海外研修のご案内 ~人材開発・研修担当者の方へ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/
急速に進化していくテクノロジーによって、
ビジネス現場では急激な変化が起こっており、
これに対応する専門的な知識及び技能を有する人材の育成が
ますます求められています。   

海外研修制度はすでにあっても、
全体像の確認やその見直しを検討されている企業様、
これから新たに海外研修の導入あるいは復活を検討されている
企業様は、是非弊社までお問い合わせください。

‥・ おススメの研修コースご紹介‥・
☆グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-022/

★グローバルビッグデータ実装コース★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-010/

☆グローバルクラウドコンピューティングコース☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-007/

★グローバルネットワーキング&情報セキュリティコース★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-021/

☆グローバルシステムエンジニアリングコース☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-008/

★グローバルBAコース★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-005/

☆グローバルPMコース☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-002/

★グローバルシステム開発実践コース(英語&中国語版)★
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/global-013/

☆グローバルプロジェクト短期実践コース(英語版)☆
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/china/global-011/

お客様のニーズに応じて、期間や内容などをご提案させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。
グローバルビジネス部:info@it-innovation.co.jp

◆事例紹介◆
インド研修受講者インタビュー
TIS様『インド海外研修で得られる未来を切り開く力』
http://www.it-innovation.co.jp/case/tis/

▽海外研修パンフレット・推奨コース日程(PDF)をご希望の方はコチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://wsfb.f.msgs.jp/webapp/form/21446_wsfb_6/index.do

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)『ビジネスアナリシスの原則』研修 受講者募集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★企業の戦略や構想・企画に携わる方におススメ★

 ■11/6(火)@品川 1日間 7PDU (Strategic) 7CDU 中級レベル
ビジネスアナリシスの原則
~必要な知識体系を徹底攻略~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ba-courses/ba-gensoku/

ビジネスアナリシスの重要性は理解しているが、
どのように実施してよいかわからない・・
とお困りではありませんか?

本研修では、ビジネスアナリシスの知識体系である
 Business Analysis Body of Knowledge®(BABOK®)の
各知識エリアに基づき、ビジネスアナリシスに
必要な原則を体系的に学びます。
また、一貫したケーススタディを通じて実際の
ビジネス分析の進め方を体験し、BABOK®の知識体系を
具体的にどのように活用するのか理解を深めます。


≪主な学習項目≫
・BABOK®に基づくビジネス分析に必要な知識体系
・BABOK®を活用するときのポイントを押さえる
・一貫したケーススタディを通じて、
 実際のビジネス分析の進め方を体験する

≪到達目標≫
・要求の体系化
・ソリューションの検討と決定

≪対象者≫
・企業の戦略や構想・企画に携わる方
・ビジネスアナリストの役割を担う方、候補者
・ビジネスアナリシスの観点を学びたい方

≪前提条件≫
・企画や業務改善に取り組まれた経験があることが望ましい

≪受講者の声≫
・BABOK®の基本的な概念に触れることができました。
 また、講師の経験に則した事例がとても分かり易かったです。

・BABOK®について学べる機会が限られているので、
 価値のある研修だと思いました。

・実践的な演習を通して、講義の内容を確認する
 ことができるのは非常に良かったです。

・1日研修でしたが、大変内容が濃かったです。
 ビジネスアナリシスの基本的な概念を知ることが
 受講目標でしたが、目標以上にたくさんのことを学びました。

▽詳細、お申込みはこちら▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ba-courses/ba-gensoku/

▽他にも、実践に即した研修コース多数。詳細はこちら▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open/

▽PDU/CDU 取得コース一覧▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pducdu/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)2018年度上期 人気ブログのご紹介 -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年度上期によく読まれた人気ブログを発表いたします。
読み逃した方、必読です!

★何が違う?コンティンジェンシープランとリスク発生時対策 by 工藤 武久
http://www.it-innovation.co.jp/2016/11/20-184707/

コンティンジェンシープランとは何か?
まずは一般的なコンティンジェンシープランの定義を確認
します。
IPAから公開されている『対サイバーテロ・コンティン
ジェンシープラン立案の研究』には、次のように記載され
ています。


★筋を通す - 日本にある古いことばであるが、本当に貫くことは難しい - by 林 衛
http://www.it-innovation.co.jp/2015/01/26-093550/

筋を通すということばの一般的な使い道は、道理にかなう
ようにする。首尾一貫させる。しかるべき手続きをふむと
言う意味で使われていることが多いが、私は、もう少し
情緒的なものがさらにそれに加わっていると考えている。
そもそも、「筋を通す」の語源はどうなっているのだろうか?


SoEとSoRの分類ってどうなの? by 中山 嘉之
http://www.it-innovation.co.jp/2016/12/04-152807/

今回は、最近、時々目にするようになったSoE
(System of Engagement)、SoR(System of Record)
をテーマとして取り上げてみたい。
ちなみに、SoEとは顧客との関係強化を目的に最新のイン
ターネット技術を駆使したシステム群、SoRとは従来型の
トランザクション処理を中心にしたミッションクリティカ
ルな基幹システム群を指している。そして、この分類は
米国のマーケティング学者ジェフリームーア氏のレポート
(今後の企業ITのマーケットはSoEが主流なるといった)
に端を発する。さて、このマーケティング観点での言葉が、
近年、日本のIT業界でもアプリケーションのスタイルと
伴に頻繁に使われるようになってきたが、本ブログでは、
いつも通りユーザ企業側の立ち位置で、この分類がもた
らす影響について考えてみたい。


★PMOの具体的な仕事ってなに? by 関 和美
http://www.it-innovation.co.jp/2012/03/21-220216/

今回はPMOの役割や具体的な仕事について考えてみましょ
う。1回目で少し触れたとおり、組織・プロジェクト
によって様々な形態のPMOがあり、それぞれPMOに
求められることが違います。1回目に以下の3つの事例
をあげました。


★段取りの四:スケジュール表を作成する by 弘中 伸典
http://www.it-innovation.co.jp/2010/08/03-141339/

今回は、プロジェクトの“スケジュール表”を作成する
というお話です。材料として使うのは、前回作成した
“作業リスト”。このリストで洗いだしたそれぞれの
作業を、「誰が、いつからいつまで実施するのか」を
計画し、紙に書いたものがスケジュール表です。
メンバーはこのスケジュール表に沿ってプロジェクトの
作業を進めることになりますので、ここがしっかり
していないと後で問題が噴出することになってしまいます。
慎重に慎重を重ねてスケジュールを組むこと、
それはプロジェクトの計画における非常に重要なポイント
と言えるのです。


★ヒューマン・スキルとコンセプチュアル・スキルについて。 by 横尾 誠康
http://www.it-innovation.co.jp/2010/01/05-132724/

前回は、スキルの構成要素(テクニカル・スキルと
ヒューマン・スキル、コンセプチュアル・スキル)
について解説し、テクニカル・スキルの育成につい
てお話しました。
今回は、ヒューマン・スキルとコンセプチュアル・
スキルの育成方法についてお話する予定でしたが、
その前に、これらのスキルがどのような物なのか
もう少し掘り下げてみたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度の平成30年台風21号ならびに北海道胆振東部地震により
被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

昨日から、東京でも急に気温が下がってきました。
北海道も今年は記録的な猛暑でしたから、身体も疲れを蓄積している中で
起こった災害、そして気温の変化に、心までもなにか、怯えや痛みを感じているのではないでしょうか。

自分たちにできることはないか、まず、実態を知ろうとすること、耳を傾けていくところから、
始めていければと思います。

一日も早い復旧と復興を、心よりお祈りしています。(Y.S.)


------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください。
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第377号 2018年9月12日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://s360.jp/form/32135-14/

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーションを明記のうえ、
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2018 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業 /ITアーキテクチャのセオリーセミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第376号 2018年8月29日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【セミナー】
9月8日(土) JISTA四国セミナーのご案内

(2)【海外研修】
海外研修のご案内 ~おススメ研修コース~

(3)【国内研修】
「ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業」のご案内


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)JISTA四国セミナーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
来る9月8日(土)に開催されますJISTA四国セミナーにて、
協和発酵キリン情報システム部長で、
弊社シニアコンサルタントの中山 嘉之が、
『ITアーキテクチャのセオリー ~システム構築の大前提~』
と題し、講師として登壇します。
http://www.it-innovation.co.jp/2018/08/03-170524/

日本を代表するITアーキテクトが、
30年の経験と洞察のエッセンスを公開しますので、
基幹系システムの再構築を検討されている方、
悩まれている方は、この機会にぜひ、ご参加ください!

< 開催概要 >
【 名 称 】
  グローバル時代におけるITアーキテクトの新たな役割
   ~ビジネス改革を支援する専門職~

【 開催日時 】
  2018年9月8日(土) 13:45~16:45(受付開始13:30)

【 会 場 】
  サンポートホール高松 5F 51会議室

【 プログラム 】
   講演1 :ITアーキテクチャのセオリー ~システム構築の大前提~
    講師:中山 嘉之(Iasa日本支部理事)
    内容:日本を代表するITアーキテクトが30年の経験と洞察のエッセンスを公開

   講演 2:グローバル時代におけるITアーキテクトの新たな役割
       ~ビジネス改革を支援する専門職~
    講師:梶川 哲生(Iasa日本支部代表理事
    内容:Iasa認定アーキテクトがITABoKの翻訳・監修したポイントを解説

    講師:松井 淳(Iasa日本支部理事)
    内容:ITABoKを現場で活用した事例をベースに活用法を解説

   公開討論:~変革の時代に私達はどう変わっていくべきか?~
    パネラー:梶川 哲生(Iasa日本支部代表理事
         中山 嘉之(Iasa日本支部理事)
         塚本 浩二(JISTA四国支部長)
         その他 ※調整中
    司  会:松井 淳(Iasa日本支部理事)


▽詳しくはこちら▽
http://www.it-innovation.co.jp/2018/08/03-170524/

▽中山 嘉之のブログ▽
現場を極めたITアーキテクトが語る 成功へ導く極意
http://www.it-innovation.co.jp/blog/cat_blog05/


▽中山 嘉之の書籍▽
システム構築の大前提― ITアーキテクチャのセオリー
http://www.it-innovation.co.jp/2018/07/10-194616/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)海外研修のご案内 ~おススメ研修コース~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

急速に進化していくテクノロジーによって、
ビジネス現場では急激な変化が起こっており、
これに対応する専門的な知識及び技能を有する人材の育成が
ますます求められています。
またグローバルな環境でビジネスを行うには、
語学力はもちろん、早い段階から多様な文化を受け入れるための
「グローバル・マインドセット」を身につけることが重要です。

‥・ おススメの研修コースご紹介‥・
★お問合せも多い大注目のコース☆
グローバルビッグデータ・ AI人材育成研修
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-022/
ビッグデータ・AI分野の実装・実現にむけて社内外の関係者と
要件定義や適用方針の検討ができる人材を育成します。
本分野の先進事例を中⼼にしたAI/機械学習等の研修を通じて、
「どんなことが実現可能か」を理解することを目指します。

★人気急上昇のコース☆
グローバルネットワーキング&情報セキュリティコース
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-021/
サイバー攻撃の脅威を理解し、そのセキュリティ対策を学びます。
また、セキュリティ対策プロジェクトを通じて、情報セキュリティや
その管理作業における問題/課題抽出を体感します。

★不動の人気コース☆
グローバルPMコース
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-002/
プロジェクトマネージャとして、グローバルプロジェクトで留意すべき
プロジェクト計画の立案方法、プロジェクト遂行時のリスク対策および
問題への対応、チームマネジメントスキルの向上を図ります。

★お問い合わせ上昇中のコース☆
グローバルBAコース
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-005/
ビジネスプロセス、ポリシー、情報システム等、
ビジネスに関する問題ステートメントとユーザーの要求事項を
定義するための方法論を学びます。

★今後お申込みが増えそうなコース☆
ビジネスITアーキテクチャ実践コース
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/malaysia/global-016/
ワークショップを通じて、ビジネスとITアーキテクチャの関係を理解し、
ITABoKの5つのITアーキテクチャスキルを実際のプロジェクトに
どのように適用するかについて学びます。
また、アーキテクチャ開発メソドロジーであるTOGAF®の理解と適用方法や、
ビジネス・テクノロジー戦略の適用方法を学びます。

◆事例紹介◆
インド研修受講者インタビュー
TIS様『インド海外研修で得られる未来を切り開く力』
http://www.it-innovation.co.jp/case/tis/

▽海外研修パンフレット・推奨コース日程(PDF)をご希望の方はコチラ▽
(PDF資料のリクエストフォームが開きます)
https://s360.jp/form/32135-15/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業 受講者募集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★これからソフトウエア設計を学ぶ方におススメ★
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-software/

ソフトウェア設計で使われるプログラミング言語フレームワーク
ツールは様々であり、技術者は多様な技術を習得しなければなりません。
しかし、ソフトウェアの原理原則を押さえておくと、
それらをより深く理解できるようになります。

本研修は、ソフトウェア開発に欠かせない基本的な概念、普遍的な考え方を
しっかり身に付けるコースです。具体的には、ソフトウェアの機能や
振る舞いの仕様化の方法を、複合設計法、モジュールの独立度の基準、
ジャクソン法など概観して解説します。また演習を通じて具体的な技法を
体験し、主要概念を身につけることができます。

■10月2日(火)-3日(水)@品川
ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業
 ~構造化・モジュール化・仕様化の原理~
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-software/

【主な学習項目】
・構造化プログラミングの原理を理解する
・ モジュール設計の基本を学ぶ
・ システム設計の基本を学ぶ

【到達目標】
・ソフトウェア設計の原理原則の理解
・ソフトウェアの設計品質の向上

【対象者】
ソフトウェア設計の原理原則を学びたい方

【前提条件】
ソフトウェア開発経験が3年程度あることが望ましい

【受講者の声】
・ベーシックな考え方(原理・原則)をはじめ、講師のソフトウェア開発の経験
 を聞くことができ、興味深かった。

・演習はケーススタディがちょうどよく、講義で聞いた内容を復習することが
 できた。


▽詳細、お申込みはこちら▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/ita-courses/ita-software/

▽他にも、実践に即した研修コース多数。詳細はこちら▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open/

▽PDU/CDU 取得コース一覧▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pducdu/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇編集後記◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暦の上では、先週から処暑に入りました。そろそろ涼しくなっていくことと思いますが、
夏が終わり秋に向かう頃に訪れる「秋バテ」をご存知ですか?

   ※秋バテ(あきバテ)とは夏から秋にかけての気温の変化や暖かい日中から夜にかけての温度の変化などの
    寒暖の差の繰り返しで、自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状。(出典:wikipedia

秋バテに対して、自分でできる対処法には以下が上げられます。
・食事や飲み物で体内から身体を温める
・ゆっくりお風呂に入って身体を温める
・週末はゆったり過ごして身体を休める

ぼーっとするのが苦手な方、撮りだめしたドラマや映画がおありの方は、それを観るのもいいですね。

今週で8月も終わりです。夏の疲れを少しでも軽くして、9月を迎えられますように。(Y.S.)


------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!

今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください。
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第376号 2018年8月29日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://s360.jp/form/32135-14/

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーションを明記のうえ、
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2018 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JISTA四国セミナーに中山登壇!『ITアーキテクチャのセオリー ~システム構築の大前提~』 のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第375号 2018年8月8日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪目次≫

(1)【セミナー】-New!-
9月8日(土)JISTA四国セミナーのご案内
http://www.it-innovation.co.jp/2018/08/03-170524/

(2)【海外研修】
なぜインドでIT研修なのか?
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/

(3)【国内研修】
9月開催のおすすめ研修コースのご紹介
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open/

(4)【セミナー】
8月29日(水)JUASセミナーのご案内
http://www.it-innovation.co.jp/2018/07/24-161216/

(5)【おススメ本】
中山 嘉之著「システム構築の大前提― ITアーキテクチャのセオリー」
http://www.it-innovation.co.jp/2018/07/10-194616/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)JISTA四国セミナーのご案内 -New!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
来る9月8日(土)に開催されますJISTA四国セミナーにて、
協和発酵キリン情報システム部長で、
弊社シニアコンサルタントの中山 嘉之が、
『ITアーキテクチャのセオリー ~システム構築の大前提~』
と題し、講師として登壇します。
http://www.it-innovation.co.jp/2018/08/03-170524/

日本を代表するITアーキテクトが、
30年の経験と洞察のエッセンスを公開しますので、
基幹系システムの再構築を検討されている方、
悩まれている方は、この機会にぜひ、ご参加ください!

< 開催概要 >
【 名 称 】
  グローバル時代におけるITアーキテクトの新たな役割
   ~ビジネス改革を支援する専門職~

【 開催日時 】
  2018年9月8日(土)13:45~16:45(受付開始13:30)

【 会 場 】
  サンポートホール高松 5F 51会議室

【 プログラム 】
   講演1 :ITアーキテクチャのセオリー ~システム構築の大前提~
    講師:中山 嘉之(Iasa日本支部理事)
    内容:日本を代表するITアーキテクトが30年の経験と洞察のエッセンスを公開

   講演 2:グローバル時代におけるITアーキテクトの新たな役割
       ~ビジネス改革を支援する専門職~
    講師:梶川 哲生(Iasa日本支部代表理事
    内容:Iasa認定アーキテクトがITABoKの翻訳・