読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【 ザ・グローバル・イノベーターズ 】

ザ・グローバル・イノベーターズの思いは、前向きな変化・変革をメルマガを通じて実現したいというメッセージです。

★11/15(火)ITIフォーラム 申込受付中!! /インターフェース標準の誤解

◇はじめに◇

先日、パートナーさんのセミナーに伺ったところ、
懐かしい方にお会いしました。目がとても印象的な方で、
充実した人生を送っていらっしゃる様子がうかがえ、
うれしく思ったものです。
人と言うのは不思議なもので、しばらくお会いしなくても、
次にお会いした印象で、がんばっていらっしゃる様子や、
豊かな時間を過ごしていらっしゃる様子がにじみ出るように
思います。人の成長を垣間見ることで、自分自身も襟を正し、
素直に、すこしずつでも成長できたらと思いました。

来る11月15日、ITIフォーラムを開催致します。
http://www.it-innovation.co.jp/2016/09/12-165435/

お目にかかれますことを、楽しみにしております。(Y.S.)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザ・グローバル・イノベーターズ」 第332号 2016年10月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

(1)【イベント】
11/15(火)開催 『ITIフォーラム2016 in 東京』のご案内
http://www.it-innovation.co.jp/2016/09/12-165435/

(2)【おススメ本】-New!-
東京工業大学 飯島教授の書籍紹介
http://www.it-innovation.co.jp/2016/10/14-154852/

(3)【ブログ】-New!-
インターフェース標準の誤解 by 中山 嘉之
http://www.it-innovation.co.jp/2016/10/26-112557/

(4)【インドインパクト】-New!-
ブロックチェーンのハブとなるインドのビットコイン革命
http://www.it-innovation.co.jp/2016/10/18-201202/

(5)【イベント】-New!-
11/1(火)開催ITスキル研究フォーラムのご案内
http://www.it-innovation.co.jp/2016/10/25-122156/

(6)【海外研修】
インド研修:異文化コミュニケーションコース
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-001/

(7)【国内研修】
おススメ★1日で学ぶ 『パートナー連携』
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-010/


──────────────────…‥
(1) 11月15日(火)開催 『ITIフォーラム2016 in 東京』のご案内
──────────────────…‥
毎年ご好評をいただいております弊社主催の『ITIフォーラムin東京』。
開催まで、いよいよ3週間となりました。
多数のお申込みを頂きありがとうございます。

引き続き申込受付中です!! 皆様のご参加をお待ちしております。

‥‥・☆ フォーラムの詳細とお申し込みはこちら ☆・‥‥
http://www.it-innovation.co.jp/2016/09/12-165435/

【講演者紹介】
★ Enterprise Engineering:企業情報システムの教育および研究におけるグローバルトレンド
  東京工業大学 工学院経営工学系 エンジニアリングデザインコース
  教授 飯島 淳一 様
    http://www.it-innovation.co.jp/2016/09/12-165435/#iijima

★グローバル規模でのマスターデータマネージメントへの挑戦
  コニカミノルタ株式会社 IT企画部 ITセキュリティグループ
  部長 玉本 宏之 様
  http://www.it-innovation.co.jp/2016/09/12-165435/#tamamoto

ビッグデータ分析の基盤となる統合アーキテクチャのデザインと実
  Mandar Kale(マンダール・カレ)
    Managing Director, IT innovation India
  株式会社アイ・ティ・イノベーション
    代表取締役 林 衛
    http://www.it-innovation.co.jp/2016/09/12-165435/#hayashi


──────────────────…‥
(2) おススメ本! 東工大 飯島教授の書籍紹介 -New!-
──────────────────…‥

★DEMO 企業活動の骨格を可視化するモデリング方法論★

ITIフォーラム2016にて、ご講演いただきます東京工業大学 飯島教授の
著書をご紹介いたします。
http://www.it-innovation.co.jp/2016/10/14-154852/

飯島教授は、企業活動のような、さまざまな人間活動がからみあった
組織における活動を、情報システムを用いてどのように支援していけ
ばよいのかを研究されていらっしゃいます。

本書は、ビジネスアーキテクチャをモデル化することで企業活動の本
質を明らかにする新しい方法論、DEMO(Design and Engineering Methodology
for Organizations)を詳細に解説されています。
「ひと」のつながりに注目したビジネスプロセスモデリングです。

『DEMO 企業活動の骨格を可視化するモデリング方法論』
飯島 淳一様 (著, 編集)
エヌティティ出版

飯島教授に、直接お話できる絶好の機会となっておりますので、
ITIフォーラムに、是非、ご参加ください!
http://www.it-innovation.co.jp/2016/09/12-165435/#iijima


──────────────────…‥
(3) 新着ブログ -New!-
──────────────────…‥

◆中山 嘉之『現場を極めたITアーキテクトが語る!「成功へ導く極意」
インターフェース標準の誤解

今回のテーマは前回に引き続き「XXXXの誤解」シリーズを連載
することにしたい。本ブログでは近年の大規模システム再構築案件
で時々目にする“インターフェース標準に関する誤解について話し
てみたい。前回同様に、この誤解は箸にも棒にも掛からないという
ものではなく、それを解消すれば企業システムのさらなる生産性と
品質向上が狙えるというものである。そしてこれらの共通点は、ベ
ンダーの製品戦略を安直に受け入れ、EAにおけるTA層が先行するあ
まり、上位層(特にDA層)がおろそかになるという現象である。
http://www.it-innovation.co.jp/2016/10/26-112557


──────────────────…‥
(4) インドインパクト《11》 -New!-
ブロックチェーンのハブとなるインドのビットコイン革命
──────────────────…‥
もうすぐインドはヒンドゥー教の新年の祝い、ディワリ(ディパワリ)を迎えます。
毎年、10月末から11月初めの新月がその日にあたり、今年は10月30日です。
ディワリはいわば年末年始。新年を祝いに人々が里帰りをする
年に一度の大型連休(1週間前後)で、一年で最大の商戦期です。

スマホと共に急成長するビットコイン経済

ここ数年、ディワリで大きく変わったのがインド人のショッピングスタイルです。
これまで欲しいものが手に入りにくかった地方でさえも、スマホが普及したことで
ネット・ショッピングがしやすくなりました。
アドビデジタルインサイト(ADI)が10月に発表した国別調査でも、
インドはスマホ経由での企業サイト・ショッピング成約率が平均1.5%と、
日本と並んで世界で一番スマホで買い物をする国になっています。
http://www.it-innovation.co.jp/2016/10/18-201202/


──────────────────…‥
(5) 11/1(火)開催 ITスキル研究フォーラムのご案内  -New!-
──────────────────…‥

11月1日(火)に開催されます ITスキル研究フォーラム(iSRF)にて、
弊社シニアコンサルタントの関 和美が講演いたします。

参加費用は無料です。皆様のご参加をお待ちしております。
http://www.it-innovation.co.jp/2016/10/25-122156/

ITスキル研究フォーラム(iSRF)
『デジタルビジネス時代に向けたIT Learders人材育成
~今、改めて問われるIT人材の見える化と育成~』

日時 : 11月1日(火)14:00~16:00
会場 : アーバンネット神田カンファレンス
対象 :ユーザー企業の情報システム部門で部門の人材育成を担当されている方
     ITベンダーの人事部門、人材開発部門等でIT人材育成に携わる方
     現場の管理職の方

*:◆関 和美の講演内容◆:*:
『「SoR」と「SoE」を繋げる人材育成プラン』
アイ・ティ・イノベーションでは、IT人材育成の枠組みを作るためのお問い合
わせやご相談を多くお受けしています。IT人材戦略を立案し、人材像を定義し、
育成プランを立てる。頭ではわかっていても具体的な進め方がわからない――
というお声をよくお聴きします。自社の人材で何を賄い、パートナー企業に何
を求めるのかも決まっていない中で必要な人材像をどう考えればよいのか。ま
た、SoE(Systems ofEngagement)を実現するための人材についてはどのように
考えればよいのか。IT人材育成の枠組みを作る上でのポイントをご説明します。

▽ お申し込み ▽
http://www.it-innovation.co.jp/2016/10/25-122156/


──────────────────…‥
(6)海外研修のご案内
──────────────────…‥
日本政府観光局によると2016年上半期(1~6月)の訪日外国人数は、
過去最高を更新したそうです。2020年の東京オリンピックにむけて、
日本は世界から今まで以上に注目されます。

自然、地理、歴史、経済、産業、環境、文化・・・・・
「日本ってどんな国?」と尋ねられたら、あなたはどう答えますか?

実際のところ、弊社の海外研修に参加される受講者も
現地の方々と対話する中で、あらためて日本について
考えさせられることが多いようです。
時には、こんなことも知らなかったのか、英語で説明できないのかと
ショックを受けることも。。。

それが、「気づき」の瞬間です。
その時の衝動や想いが次の「行動」を促し、そして継続に繋がります。

グローバル人材の育成が求められる中、やるべきことはたくさんあります。
英語はもちろんのこと、異なる価値観を持つ人とのコミュニケーション力や、
チャレンジ精神・主体性といった幅広い能力を身につけましょう。

♪.:*:'゜お勧めコース'゜:*.:♪
▽ インド研修:異文化コミュニケーションコース詳細 ▽
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/india/global-001/

▽その他の海外研修 ▽
http://www.it-innovation.co.jp/overseas-training/


──────────────────…‥
(6) おススメ★1日で学ぶ 『パートナー連携』
──────────────────…‥

★★発注側の視点で、のとはら先生が勘所を伝授★★

プロジェクトを進める上で、「これまで通りで」「適当によろしくやってよ」
とあぐらをかいていたりしませんか?

組織やプロジェクトの風土が良くなければ、プロジェクトマネジメント
力、現場力を発揮することができません。そして、プロジェクトの風土
を良くするためには、ユーザー、情報システム部門パートナーが信頼
関係を築き、プロジェクトを進めることが必須となります。

本研修は、プロジェクトにとって最適なパートナーを選定し、信頼関係
を構築できるPMになるためのポイントを、実践的な演習を交えながら学
びます。

演習で使用します「開発ベンダー選定のための評価基準」や「進捗報告
チェックリスト」が、すぐに活用できると大変好評をいただいており、
管理的な立場でプロジェクトに参画されていらっしゃるPMの方に最適な
講座となっております!

『パートナー連携
~発注側としてのプロジェクトマネジメントのポイント~』
1日間 7PDU(Technical)
http://www.it-innovation.co.jp/academy/pm-courses/pm-010/

開催日:12月6日(火)
時間 :9:30-17:30
場所 :東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川5階
受講料:60,000円
テキスト代:5,000円

≪主な学習項目≫
・パートナー連携の重要性と重点領域
・パートナーの選定手順と評価基準
・パートナーを含めたチーム作り、コミュニケーション
・パートナー連携の問題と改善
※ ワークショップ形式にて演習を行います。

能登原 伸二のプロフィール ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/profile/#notohara

能登原 伸二の著書 ▽
「プロジェクトマネジメント現場マニュアル 改訂版」(日経BP
http://www.it-innovation.co.jp/2014/09/30-134058/

「医療現場のプロジェクトマネジメント 」(ビジネス双書)
http://www.it-innovation.co.jp/2014/08/07-163727/

▽ オープンコース開催日程一覧 ▽
http://www.it-innovation.co.jp/academy/open/


------------------------------------------------------------
★アイ・ティ・イノベーション Facebook ←「いいね!」を、ぜひお願いします☆
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826
------------------------------------------------------------

皆様の声を聞かせてください!
今回の記事へのご質問、ご感想ならびに、
取り上げてほしいテーマなどを聞かせてください。
件名に「メルマガの感想」と入力し、下記宛先までお寄せください。
info@it-innovation.co.jp
内容は、個人・企業情報の保護に配慮いたします。
Facebookでもコメントを受け付けております!
https://www.facebook.com/pages/株式会社アイティイノベーション/190051417692826

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「ザ・グローバル・イノベーターズ」
   ─第332号 2016年10月26日─
 【発行元】株式会社アイ・ティ・イノベーション
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃
 ┗━━━┛
 〒108-0075 東京都港区港南4-1-8リバージュ品川5階
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ご意見・ご要望・おたよりは、こちらまでお願いします。
https://s360.jp/form/32135-14/

※当メールマガジンの文章を他のメディア等へ転載する場合は、
必ず当社名「株式会社アイ・ティ・イノベーションを明記のうえ、
info@it-innovation.co.jpまでご一報下さい。

Copyright(C)2016 IT innovation,Inc.All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━